笹山登生のウォッチ&アナライズ –


2024年1月31日

小さなコモンズの創造にMixedUseの手法の取り入れは可能か?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:04 PM

昨年8月12日に、杉並区主催の「施設再編を考えるシンポジウム」というのがあり、参加してきた。
岸本区長も参加してのシンポで、、新区長の下での杉並区の新しい息吹みたいなものを感じることができた。
なかに、基調講演として、東京都立大学の讃岐亮先生の講演もあり、いろいろと、考えさせるヒントもあった。
画像
讃岐亮先生

特に、讃岐亮先生が例として出された南池袋公園の「地域への愛着を他者と共有できる居心地のいい第三の場所」の創成については、興味をそそられた。これは、岸本区長がよく口にされる「コモン」のうちの、ソフトの意味でなく、具体的なハードとしての「コモン」の形成とみられる。そこで、私の問題意識としては、「その「ハードとしてのコモンの形成」に、MixedUseの計画手法が取り入れられないのか?」というのが私の問題意識である。
画像

これまで、この「MixedUse」の計画手法は、異なる用途の空間をハイブリッド利用するための手法で、通常は、住居、オフィス、商業などの組み合わせをした開発が主だが、これに、第三の極として、「コモンズ空間の創出」を取り入れたら?という提案である。
具体的には、公有地や私有地の一部を、コミュニティのための共有空間として設定し、この空間へのアクセスを、住民に開放する、というコンセプトだ。
画像

資料を拝見したところ、南池袋公園の例は、大きな規模での空間の創出であるが、もっとミニのコモンズ空間の創出であれば、いろいろな実行可能なアイデア例が、住民から出てくることと思う。
ほんの建物の一角を利用しての「ミニ・コモンズ空間の創出」も可能であろうし、居住者不在家屋での実質所有者の許諾を得ての「ミニ・コモンズ空間の創出」も可能だろう。
そこに、「アドボケイトプラニング」(Advocate Planning)手法を適用して、より質の高いハードに仕上げることも可能だ。
もちろん、この新しい「ミニコモンズ空間」への法規制の位置づけや管理体制も課題となるだろう。
6月に中野ゼロホールでおこなわれたシンポジウム「政治は変わる! 地域主権とコモンを目指して」で、岸本区長は「公契約条例を活用したスキーム」を提唱されていた。
区長さんのお考えがどのようなものかはわからないが、この新しい空間上に「市民ビジネス」をのせるとか、インセンティブを与えることも可能なのかもしれない。

ハード&ソフトあいまった、新しいコモンズ空間の確立が、この杉並区で実現することを切に願うものだ。

2024年1月27日

地震の発生において、地上の震度計によらずに、被害の把握をしうる新技術には、どのようなものがあるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:06 PM

衛星技術やその他のリモートセンシング手法は、宇宙からの地震の監視と分析において確かに大きな進歩を遂げました。
従来の震度計は地表に直接接触する機器を通じて地震動を測定しますが、衛星ベースの技術は異なるアプローチを提供し、特に地上のインフラが損傷した場合や遠隔地にある場合に役立ちます。

使用されている主なテクノロジーと手法の一部を以下に示します。

合成開口レーダー (SAR):
SAR は、地震による地盤の変位を検出できます。
衛星から地表にレーダー信号を送信し、反射して戻ってくる信号を受信することで機能します。
地震の前後に撮影されたレーダー画像を比較することで、科学者は地表の変形を測定し、地震の規模とその影響の分布についての洞察を得ることができます。

全地球測位システム (GPS) 衛星:
高精度 GPS は、地震による地盤の変位をリアルタイムで測定できます。
GPS ステーションのネットワークは地表の小さな動きも検出し、地震イベントの規模と特徴に関するデータを提供します。

重力マッピング:
重力回復と気候実験 (GRACE) ミッションで使用された衛星のような衛星は、地震中および地震後の質量移動の影響を受ける可能性がある、地球の重力場の小さな変化を測定できます。
このデータは、重大な地震イベント後の地球の質量の再分布を理解するのに役立ちます。

InSAR (干渉型合成開口レーダー):
2 つ以上の SAR 画像を使用して地表変形または数値標高のマップを作成し、地震中に地面がどのように動いたかの詳細な測定値を提供する技術。

光学衛星画像:
光学衛星からの高解像度画像を使用して、大地震による損傷の評価や地表の破壊の地図作成が可能です。

これらの衛星技術は、特に地上での監視がまばらであるか機能していない地域において、地震の影響についてより広範かつ包括的な全体像を提供することで、従来の地震監視を補完します。
これらは、迅速な対応、被害評価、地震の背後にある地球物理学的プロセスの理解にとって非常に重要であり、それによって地震リスクを管理し、地震災害に対応する総合的な能力を強化します。

2024年1月24日

ファースト・ペンギンは、本当にリーダーシップがあるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:11 PM

「ファースト ペンギン」という用語は、リーダーシップとリスクテイクに関する人間の議論でよく登場します。
特に不確実な状況や危険な状況において、率先して行動する人を表すために比喩的に使用されます。
この比喩は、一部のペンギン種で観察される行動に大まかに基づいており、ペンギンは「最初に」水に飛び込むように見え、アザラシなどの捕食者から危険を冒す可能性があります。

しかし、実際のペンギンの行動では、状況はもう少し複雑で、個々の英雄的な行動についてはそれほど重要ではありません。
ペンギンは氷の端に群がっていることが多く、捕食者の危険を考慮して水に入るのをためらっているように見えることがあります。
場合によっては、1 羽のペンギンが他のペンギンよりも勇敢で、最初に思い切って行動を起こすように見えることもありますが、多くの場合、「最初の」ペンギンが押しのけられたり、混雑のために落ちたりします。
この行動は、水に入っても安全であることを他の人に知らせたり、捕食者の危険性を評価したりするのに役立ちます。

アデリーペンギンに関しては、環境やライフスタイルに適した特定の行動的および身体的適応を持っています。
たとえば、彼らは氷や岩の上を長距離歩くための強い脚を持っています。
彼らの行動は、他のペンギンと同様、特定の生息地で生き残るために適応されていますが、勇敢にリスクを冒す者としての「ファーストペンギン」という概念は、彼らの行動を科学的に正確に描写したものではありません。

「ラスト・ペンギン」については、最後に水に入ったり、特定の活動に参加したりするペンギンを指す場合、これもまたペンギンの集団力学と生存戦略と結びついています。
群れ内の個々のペンギンの行動は複雑で、捕食者の存在、群れ内の社会力学、環境条件などのさまざまな要因によって左右されます。

このように、「ファースト ペンギン」の比喩は、人間間のリスクテイクとリーダーシップについて議論する説得力のある方法ではありますが、実際のペンギンの複雑で生存主導の行動を単純化しすぎています。
アデリーペンギンは、他の種と同様に、そのニーズや環境に特有の適応を持っており、「ラスト・ペンギン」の概念も、個体の特徴よりもグループの力学や生存戦略に関するものです。

2024年1月18日

地震などにより、原発敷地内の地盤の隆起や沈下が起こった場合、原発運営にどのような支障をきたす恐れが生じるか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:13 PM

原子力発電所の敷地内で地盤の隆起や沈下を引き起こしたり、建屋の水平を保てなくなる地震は、主に原子炉や配管などの関連システムの構造的完全性に関連する、いくつかの安全上の懸念を引き起こす可能性があります。

潜在的な問題の内訳は次のとおりです。

原子炉の安全性:
最新の原子炉は耐震安全性を念頭に置いて設計されていますが、激変が発生すると原子炉の構造的完全性が損なわれる可能性があります。
原子炉格納容器に亀裂や破損があれば、放射性物質の放出につながる可能性があります。

冷却システムの故障:
原子炉は、炉心から熱を除去するために冷却システムに依存しています。
地震による地盤の隆起によってこれらのシステムが損傷し、原子炉が適切に冷却できない場合には過熱が発生し、メルトダウンが発生する可能性があります。

配管とインフラストラクチャの損傷:
冷却剤やその他の重要な液体を運ぶ配管システムが破損したり、漏れたりする可能性があります。
これにより、原子炉炉心への冷却材の流れが妨げられ、再び過熱やメルトダウンの可能性が生じる危険があります。

制御システムの障害:
原子炉の運転を監視し調整するために重要な原子炉の制御システムが損傷する可能性があります。
これにより、地震の余波に効果的に対応し、原子炉の状態を管理する能力が妨げられる可能性があります。

電源供給の中断:
外部および内部の電源供給が中断される可能性があります。
原子力発電所は、安全な運転を維持するために、特に冷却システムに継続的な電力供給を必要とします。
電力が失われると、安全システムが故障する可能性があります。

使用済み燃料プールの侵害:
使用済み核燃料が保管されている使用済み燃料プールが損傷し、放射線が放出される可能性があります。
これらのプールは、使用済み燃料の過熱を防ぐために継続的な冷却も必要とします。

格納構造への地盤変動の影響:
隆起が重大な場合、放射性物質が環境に漏れないよう設計された格納構造に直接影響を与える可能性があります。

緊急時対応の課題:
構造物の損傷や景観の変化は、現場の管理と周辺地域の避難手順の両方の点で、緊急時対応の取り組みを妨げる可能性があります。

計器類と監視の故障:
放射線レベル、温度、圧力などを監視する計器類は損傷したり、不正確な測定値を示したりする可能性があり、状況を評価して対応する取り組みが複雑になります。

二次災害:
インフラストラクチャーの損傷は、火災や化学物質の流出などの二次災害を引き起こす可能性があり、緊急事態をさらに悪化させます。

このように、原子力発電所の敷地に重大な激変を引き起こす地震は、原子炉と関連システムの構造的完全性に深刻なリスクをもたらし、潜在的に放射線障害を引き起こし、緊急対応の取り組みを複雑にします。
影響の深刻さは、地震の規模、原子力発電所の具体的な設計と築年数、緊急対応の有効性によって異なります。

2024年1月17日

航空安全における「ヒューマン・ファクター」とはどういう意味か?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:15 PM

航空安全における「ヒューマンファクター」とは、人間が航空機、技術、環境などの航空のあらゆる側面とどのように相互作用するかに関する研究を指します。
この分野は、航空システム内のパイロット、航空管制官、整備員、その他のオペレーター間の関係を理解し、改善することを目的としています。 主要な要素は次のとおりです。

人と仕事と機械とのインターフェース:
上記の画像のように、「人と機械の仕様」「人と仕事の仕様」とのインターフェースが、人間工学を中心にして、円滑化していくことです。
ですから、人間だけの問題、機械だけの問題、仕事だけの問題だけでなく、三者歩みよりを円滑化していく、ということです。

人間工学:
使いやすさと快適性を向上させるコックピットと機器の設計。
心理学: 意思決定、注意力、疲労、ストレスなど、パフォーマンスに影響を与える認知プロセスと行動を理解します。

コミュニケーション:
乗組員間、およびパイロットと航空管制の間のコミュニケーションの明確さと効率を高めます。

チームワーク:
コックピットと地上業務における効果的なコラボレーションとチームワークを促進します。

トレーニングと教育:
スキルと人間的要素の意識を高めるトレーニング プログラムを開発します。

エラー管理:
設計手順と運用手順の両方を通じて、人的エラーを理解し、軽減します。
目標は、人的ミスによって引き起こされる事故ややインシデントを削減し、それによって全体的な航空の安全性を向上させることです。

2024年1月16日

一国の若年化と高齢化の状況を示す指標として「現在の国民の年齢を合計した総年齢」のような指標は可能か?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:19 PM

一つの国の若年化と高齢化の状況を単純に示す指標として「現在の国民の年齢を合計した総年齢」のような指標があるはずだが、見当たりません。
もちろん、Percapita の平均年齢に総人口を掛けることで簡単にでてきますが、いずれにせよ、その数値が高ければ、必ずしも幸福とは限らないが、プラス要因の数字とは言えそうです。
現在は、「人口の総年齢」を直接測定する特定の指標はありませんが、人口調査で使用される人口統計分析手法に関連しては、代替しうる次のような指標はあります。
通常、国の人口統計プロファイルは次のような指標を使用して分析されます。

年齢中央値:
これは、人口を数値的に等しい 2 つのグループに分ける年齢です。
半分の人はこの年齢よりも年上で、半分はそれより若いという分類です。。 これは、人口の年齢分布を示す一般的な指標です。

年齢依存率:
これらの比率は、通常は労働力として働いていない人々 (若者と高齢者) と、通常は労働力として働いている人々の比率を測定します。
これは、生産年齢人口の経済的負担を測る方法です。

人口ピラミッド:
これらは、人口内のさまざまな年齢グループの分布を示す図であり、人口が増加するとピラミッドの形状を形成します。

平均余命:
この統計は、現在の死亡率が引き続き適用された場合に新生児が生きると予想される平均年数を測定します。

一人当たりの平均年齢に総人口を乗算して「総年齢」を求めることは、必ずしも、幸福についての有意義な洞察は得られない可能性があります。
幸福は複雑な概念であり、通常は単なる人口統計データではなく、調査やさまざまな社会経済指標を通じて測定されます。

人間開発指数 (HDI) や世界幸福度報告書などの指標では、収入、教育、健康、主観的幸福評価などのさまざまな要素が考慮され、さまざまな国の生活の質が評価されます。

地震の震度と地上の揺れ幅と震源の深ささとの関係はどうなっている?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:17 PM

今回能登半島で発生した地震の特徴として、震源が浅い、浅層地震という特徴があります。
本震で15キロ、余震では、8キロ程度というものもあるようです。

地震と震度値、揺れの程度、震源の深さの関係は非常に複雑です。
これらの要素がどのように相互に関連しているかを詳しく説明すると、次のようになります。

地震:
地震は、地球のリソスフェア内で突然エネルギーが放出され、地震波が発生することによって生じる地表の揺れです。 地震は、地殻変動、火山活動、人間の活動など、さまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。

震度値:
これらの値は、さまざまな場所での地震の影響を測定します。
放出されるエネルギーの尺度である地震のマグニチュードとは異なり、震度は特定の場所で経験した揺れの強さを反映します。
震度は、地震の規模、震源からの距離、地域の地質条件などの要因によって決まります。
震度を測定する一般的な尺度には、修正メルカリ震度尺度 (MMI) と気象庁の震度尺度があります。

揺れの程度:
地震がどの程度強く感じられるか、また特定の場所で引き起こされる被害のレベルを指します。
それは震度の値と密接な関係があります。
揺れの程度は、地震の規模、震源からの距離、地震の深さ、その場所の地盤の種類(岩盤か軟弱地盤)などのいくつかの要因によって影響されます。

震源の深さ:
震源とは、地震が発生する場所 (震源) の真上の地表上の点です。
震源の深さ(正確には震源の深さ)は、感じる揺れの強さと範囲に大きな影響を与えます。
浅い地震(深さ 70 km 未満)は、より深い地震と比較して、より激しい揺れを引き起こし、より狭い範囲でより大きな被害を引き起こす可能性があります。
これは、地震エネルギーが伝わる距離が短く、地表に到達する前に地殻に吸収される可能性が低いためです。

要約すると、これらの要因間の関係は、地震の規模と深さが最初のエネルギー放出を決定し、その後、それが地震波として伝播するということです。
さまざまな場所で経験する震度値や揺れの程度は、この初期エネルギー、震源からの距離、地域の地質条件などによって決まります。
深層地震は、より広い範囲で感じられますが、強度は低くなりますが、浅層地震は、より狭い範囲でより破壊的な傾向があります。

2024年1月15日

現代のオペラにも、プロンプターは存在している。

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:35 PM

無線技術の進歩により、オペラではテレプロンプターが時代遅れになったという考えは、完全に正確というわけではありません。
条件と状況を明確にしましょう。

テレプロンプター:
伝統的に、テレプロンプターは、講演者または出演者が聴衆を見ながら読むためのテキストを表示するデバイスです。
オペラの文脈では、「プロンプター」または「スフレ」、つまりボックス (オーケストラ ピットにあることが多い) に座って合図を出したり、必要に応じて歌手にセリフを思い出させたりする人のことを指す場合があります。
この役割は、スピーチやテレビで使用される現代のテレプロンプターとは異なります。

ワイヤレス テクノロジー:
ワイヤレス テクノロジーの進歩は、実際に舞台芸術に影響を与えています。
たとえば、ワイヤレスマイクやインイヤーモニターが一般的です。
ただし、これらのテクノロジーはプロンプターとは異なる目的を果たします。
これらは音質と配信を向上させますが、必ずしも演奏者に合図やセリフを提供するわけではありません。

オペラにおける現在の慣行:
オペラにおける伝統的なプロンプターの役割が減少しているのは事実ですが、完全になくなったわけではありません。
一部のオペラハウスでは、特に複雑な作品や、このセーフティネットを好む歌手の場合には、今でもプロンプターを使用しています。
やり方は歌劇団やプロダクションによって異なります。

録音:
ライブ パフォーマンスが録音された古いオペラ録音では、プロンプターの声が存在することがより一般的でした。
現代の録音には、大幅に編集および制作されることが多く、通常、プロンプターの音声は含まれません。

このように、テクノロジーによってオペラ制作の多くの側面が変化しましたが、オペラにおけるプロンプターが完全に時代遅れになったというのは正確ではありません。
彼らの役割は減少し、進化しましたが、プロダクションや出演者のニーズに応じて、さまざまな形でまだ存在しています。

浅層地震と深層地震

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:33 PM

浅層地震:
地表から 70 キロメートル未満の深さで発生します。
浅い地震は、地震エネルギーが地表に近いため、震源近くでより多くの破壊を引き起こす傾向があります。
放出されるエネルギーはさらに集中し、特に建設が不十分な構造物では激しい揺れや損傷を引き起こす可能性があります。

深層地震:
深さ 300 キロメートルを超えるところで発生します。
深層地震からのエネルギーは地表に到達するまでにさらに遠くまで伝わる必要があるため、一般に地表での揺れはそれほど大きくなりません。
しかし、深層地震はより広い範囲で感じられる可能性があります。
揺れの強さは通常、浅い地震ほど破壊的ではありませんが、広範囲に及ぶと重大な影響が生じる可能性があります。

このように、浅い地震は通常、地表近くで放出されるエネルギーが集中するため、震源近くでより破壊的になるのに対し、深部の地震は表面強度は小さいものの、より広範囲に影響を与える可能性があります。

世界の大空港で、離陸用と着陸用の滑走路を分けて運用している空港はあるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:31 PM

事故を防ぐために離陸用と着陸用に別々の滑走路を運用している世界中の大規模空港の数は、固定されておらず、簡単に定量化できる数字でもありません。
これは、特定の空港での滑走路の使用は、次のようないくつかの要因に基づいて変化する可能性があるためです。

空港の設計と収容能力:
一部の空港、特に主要な国際ハブ空港には複数の滑走路があり、効率的に交通を管理し、事故のリスクを軽減するために、離陸用に特定の滑走路を指定し、着陸用に別の滑走路を指定する場合があります。
ただし、これはすべての大きな空港で一般的に行われているわけではありません。

交通量:
交通量が多い空港では、航空機の流れを効率的に処理するために、離陸用と着陸用に別の滑走路が設けられる可能性が高くなります。

天候と風の状況:
滑走路の使用状況は、天候や風の状況によっても変化する可能性があります。
空港では、風向きに応じて離陸と着陸に異なる滑走路を使用する場合があります。

運用上のニーズと制限:
騒音軽減手順やメンテナンス作業などの特定の運用上の要件や制限も、離陸と着陸に使用される滑走路に影響を与える可能性があります。

空港規制:
国や空港当局によって、滑走路の使用に関してさまざまな規制や慣行が定められています。

したがって、世界の大規模空港の多くには離陸と着陸に別の滑走路を使用する能力があり、場合によっては使用することもありますが、これは普遍的に適用される標準ルールではありません。
実際の実装は、各空港の特定の状況とニーズによって異なります。