笹山登生のウォッチ&アナライズ –


2024年4月11日

紅麹問題で注目の「腎尿細管機能不全症」は、新型コロナウイルス感染ともかかわっているというエビデンスが。

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 1:43 PM

紅麹健康被害問題に関連して、「腎尿細管機能不全症」が服用者に見られると問題になっているが、この「腎尿細管機能不全症」は、新型コロナウイルス感染ともかかわっている。
(ただし、新型コロナウイルスワクチンの接種との因果関係ではないことにご注意)

新型コロナウイルス感染症と腎尿細管機能障害との因果関係を示唆するエビデンスとして

①ウイルスの直接的な影響:
SARS-CoV-2 は腎臓細胞、特に尿細管の細胞に直接感染し、これらの細胞に蔓延する ACE2 受容体によって促進。

この直接感染は細胞および尿細管の損傷を引き起こす可能性がある。

参考論文
https://nature.com/articles/s41467-021-22781-1…

 

②免疫反応と炎症:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する体の免疫反応は全身性炎症を誘発し、炎症性サイトカインを通じて腎尿細管細胞に損傷を与える可能性がある。

参考論文

https://frontiersin.org/articles/10.3389/fcimb.2022.838213/full…

③低酸素症:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症例は、呼吸不全と低酸素症を引き起こし、腎臓への酸素供給を減少させ、尿細管を含む腎組織に虚血性損傷を引き起こす可能性がある。

参考論文

https://ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC9010058/…

https://www.nature.com/articles/s41581-020-00356-5

 

④凝固障害:

新型コロナウイルス感染症に関連した血液凝固のリスクの増加は、腎臓に微小血管損傷を引き起こし、尿細管に影響を与える可能性がある。

参考論文
https://nature.com/articles/s41581-020-00356-5…

 

以上、研究では、新型コロナウイルス感染症患者における急性腎障害(AKI)が指摘されており、集中治療を必要とする患者に顕著に発生しており、ウイルスが尿細管損傷を誘発し、電解質の再吸収を阻害する能力があることを示している。

さらに、AKIや慢性腎臓病(CKD)のない新型コロナウイルス感染症患者における軽度の低カルシウム血症やナトリウムやその他の電解質の部分的排泄の増加などの所見は、ウイルスが尿細管機能不全を引き起こす可能性を示唆している。

腎生検による組織学的証拠では、一般的ではあるが軽度の急性尿細管損傷が示されており、腎細胞内でウイルス粒子がさまざまに検出されている。

尿細管損傷のメカニズムには、直接的な細胞変性効果、サイトカインストーム、補体活性化が含まれると考えられている。

他の併存疾患による直接的な因果関係を確立することは困難であるにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症と腎尿細管機能不全との間に強い関連性を示しており、損傷は直接的なウイルス効果と間接的な全身性疾患プロセスの両方に起因する可能性が高い。

2024年3月29日

小林製薬は、紅麹の製造過程から、意図しない成分候補の一つとして、「プベルル酸」が発見されたと発表

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 7:05 PM

小林製薬は、紅麹の製造過程から、意図しない成分候補の一つとして、「プベルル酸」(Puberulic acid)が発見されたと発表しました。

「プベルル酸」(Puberulic acid)とは?

「プベルル酸」(Puberulic acid)の概要は下記の通りです。

IUPAC命名法では、「ブベルリン酸」(Puberulic acid)は 「3,4,6-trihydroxy-5-oxocyclohepta-1,3,6-trienecarboxylic acid」と命名されています。

プベルル酸はペニシリウム種から単離され、その抗マラリア活性が研究されています。

この化合物は、マラリア原虫に対して有効であることが示されている一方で、ヒトの細胞には細胞毒性を示さないため、治療薬としての可能性があります。
(なお、上記論文では、プベルル酸の新しい類似体として、ビチコリン AC (viticolins A-C)と呼ばれるものを紹介している。)

ただし、その毒性は用量や投与経路によって変わる可能性があるため、使用に際しては慎重な検討が必要です。

プベルル酸の特定の毒性データは不足していますが、合成類似体の研究からは、細胞に対する毒性の可能性が示唆されています。

特に、C-4位置のメチレンオキシ基を持つ類似体は強い細胞毒性を示しました。
これは、構造修飾が毒性プロファイルに影響を与える可能性があることを示しています。

すなわち、プベルル酸の 4,5-メチレンジオキシ類似体は、プベルル酸のトロポロン環の 4 位と 5 位を架橋するメチレンジオキシ基を有する可能性があるとのことです。

このメチレンジオキシ基の位置は、その生物活性に影響を与える可能性があり、潜在的には毒性にも影響を与える可能性があります。

プベルル酸は自然に発生し、特定の真菌種によって生成されることが知られています。

その毒性は、実験条件や生物種によって異なり、動物モデルでは特定の用量で毒性が確認されています。

プベルル酸はマラリア原虫に対して効果を示し、ヒトの細胞株に対しては細胞毒性が観察されなかったことも報告されています。

これまでにわかっていることは、プベルル酸は有望な抗マラリア活性を持つ化合物ですが、その毒性は特定の条件下でのみ観察され、さらなる研究による詳細な毒性プロファイルの解明が求められます。

毒性や有害な状況についての詳細なデータはまだ不足しているため、プベルル酸を含む製品や治療法の開発にあたっては、毒物学者や医療専門家との相談が重要です。

プベルル酸の類似体

今回の小林製薬と厚生労働省が発表された「想定外の物質」としてプベルル酸が検出されたとの発表ですが、そのプベルル酸の類似体として、次のものがあります。
ビチコリン A ~ C (viticolins A-C)というものです。

参考「In vitro and in vivo antimalarial activity of puberulic acid and its new analogs, viticolins A-C, produced by Penicillium sp. FKI-4410」

プベルル酸 (C8H6O6) は、青かびによって生成されるヒドロキシトロポロン化合物です。
ビチコリン A ~ C は、最近発見されたプベルル酸の新しい類似体です。
それらは類似したトロポロンの化学構造を持っています。
ただし、これが、今回の日本の紅麹製造工程から検出されたものであるかどうかは、現時点では不明です。

このほか、プベルル酸類似体とされる、2 つの新しいアリストロキア酸類似体がアリストロキア コントルタの根から単離されています。

この「2 つの新しいアリストロキア酸類似体」とは、コントルチン A とコントルチン Bというもので、 最近、Hong-Jian Jiらによって Aristolochia contorta という植物の根から発見されたものです。

これらの類似体はホルミルオキシ部分を含み、アリストロキン酸 I (AA I) と同様の顕著な細胞毒性活性を示しました。

このことは、Hong-Jian Jiらによって以下の論文で発表されています。

参考「Two New Aristolochic Acid Analogues from the Roots of Aristolochia contorta with Significant Cytotoxic Activity」

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7795626/

Hong-Jian Jiらによると、ホルミルオキシ部分を有する 2 つの新しいアリストロキア酸類似体 (化合物 9 および 10) が、10 種類の既知のアリストロキア酸誘導体 (化合物 1 ~ 8) とともにアリストロキア コントルタ(Aristolochia contorta)の根から単離されました。

このアリストロキア酸誘導体 (化合物 1 ~ 8)の化合物の構造は、分光法を使用して決定されました。

このうち、化合物 3 および 9 は、MTT アッセイを使用してヒト近位尿細管細胞 (HK-2) で試験した結果、最も細胞毒性が高いことが判明しました。

アリストロキア コントルタ(Aristolochia contorta)は、「マルバウマノスズクサ(丸葉馬の鈴草)」といい、アリストロキア酸には腎毒性があることが確認されています。

これらのウマノスズクサ属(Aristolochia )およびアサルム属(Asarum)(野生のショウガなどのカンアオイ属)の多くの種には有毒化合物アリストロキア酸が含まれています。

また、ウマノスズクサ属は伝統的な中国医学で使用されており、AA (amygdalin)を含んでいます。

AA (amygdalin)(アミグダリン)はシアン配糖体であり、シアン化物を放出する可能性があることを意味します。 名前の由来は、1800 年代初頭にビターアーモンド (Prunus dulcis) から初めて分離されたため、ギリシャ語でアーモンドを意味する扁桃体に由来しています。

ウマノスズクサ属(Aristolochia )の種類としては①A. contorta,②A. debilis,③A. fangchi,④A. manshuriensis などがあります。

このうち、①のcontortaは、2 つの新しいアリストロキア酸 (AA) 類似体で発がん性化合物であるアリストロキン酸とその誘導体が特に含まれています。

アリストロキア属には 500 以上の種があり、一般にバースワート(birthwort)、パイプバイン(pipevine)、またはダッチマンズ パイプ(Dutchman’s pipe)として知られています。

①のcontortaは、2 つの新しいアリストロキア酸 (AA) 類似体で「コントルチン A」(A. contorta) と「コントルチン B」(B . contorta) からなっています。

「コントルチン A」(A. contorta)の根には、葉に比べて高濃度のアリストロキン酸が含まれています。

根の濃度は植物の年齢に関係なく高いままですが、時間の経過とともに地上部の濃度は減少します。

A. contorta のゲノムは最近配列決定され、ベンジルイソキノリン アルカロイド (BIA) とアリストロキン酸の生合成に関する洞察が得られました。

「コントルチン B」(B . contorta)は、ロシア極東南部の孤立した小さな集団で見られる希少種です。 遺伝子分析の結果、遺伝的多様性が低く、有性生殖と無性生殖の両方に依存しており、集団サイズが小さいにもかかわらずクローンの増殖がヘテロ接合性の維持に役立っていることが示されました。

アリストロキア酸腎症とは?

アリストロキア酸腎症(AAN)は、アリストロキア属の植物に含まれるアリストロキア酸(AA)への曝露によって引き起こされる急速に進行する腎間質線維症です。

AANは、1990年代初頭にベルギーで漢方薬を含む痩身薬を服用した後に腎不全を発症した女性グループで初めて報告されました。

原因物質は、ステファニア・テトランドラの代わりに誤って使用されたハーブのアリストロキア・ファンキからのアリストロキン酸であると特定されました。

それ以来、伝統的な漢方薬でウマノスズクサが広く使用されているため、AAN の症例が世界中、特にアジアで報告されています。

この病気は潜行性で発症するため、実際の発生率は過小評価されている可能性があります。

AA (amygdalin)(アミグダリン)への曝露は、AAを含むハーブ製品の摂取や食品の環境汚染(バルカン半島風土性腎症など)によって発生する可能性があります。

AANは、末期腎疾患につながる進行性の間質性線維症を特徴としています。

上部尿路の尿路上皮悪性腫瘍と関連することが多いようです。

動物モデルは、AA (amygdalin)(アミグダリン) 誘発性の腎毒性と発がん性の分子機構についての洞察を提供しました。

紅麹とアリストロキン酸との関係はあるのか?

紅麹米は、米を紅麹菌で発酵させて作られる伝統的な漢方薬です。

一部の紅酵母製品には、腎毒性のあるカビ毒であるシトリニンが含まれていることが判明しています。

しかし、紅麹米とアリストロキア酸腎症(AAN)を結びつける直接的な証拠はありません。

紅麹米に関連する腎毒性は、アリストロキン酸ではなくシトリニン汚染に起因しています。

アリストロキア酸腎症は、多くの場合、アリストロキアを含む漢方薬の使用によるアリストロキア酸への曝露によって引き起こされる重篤な腎臓病です。

AA (amygdalin)(アミグダリン)を含む製品の禁止にもかかわらず、世界中で散発的な症例が報告され続けています。

 

2024年3月27日

紅麹サプリによるとみられる腎臓疾患問題を、どうとらえたらいいのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 4:49 PM

小林製薬株式会社が市場に出している「紅麹コレステヘルプ」というサプリメントは、紅麹を用いた製品で、体内のコレステロール合成を抑えることで悪玉コレステロールとL/H比を下げることを目的としています。

紅麹サプリメント摂取による腎臓疾患被害

しかし、このサプリメントの使用により腎臓疾患の報告が相次ぎ、自主回収が行われています。

2021年4月から2024年2月にかけて継続して使用していた患者の中には、1人が死亡し、76人が入院していることが報告されています。

さらに健康被害は日々増加しており、死者も出ている状況です。

原因はいまだに謎

原因究明には至っていないものの、小林製薬の紅麹にはカビ毒の一種であるシトリニンを生成する遺伝子が存在しないため、シトリニンによる健康被害の可能性は低いとされています。

ただし、他の微生物による混入や生産過程での異物混入の可能性も指摘されており、生産ロットによる被害者数のばらつきや想定外の物質の検出が問題となっています。

紅麹は米などの穀物に糸状菌を繁殖させて作られる鮮紅色の麹で、健康食品や食用色素として広く利用されています。

しかしながら、紅麹の一部には腎毒性のあるカビ毒を生成するものがあり、その安全性には懸念が残っています。

このため、紅麹由来のサプリメントに含まれるシトリニンの量は厳しく規制されています。

紅麹の生産過程

紅麹の生産過程は、米を水に浸してから蒸し、紅麹菌を接種し、適切な温度と湿度の下で発酵させるという工程を経ています。

この過程で、紅麹菌は米の上で直接培養され、さまざまな有益な成分を生産します。

しかし、この過程で汚染物質が混入する可能性もあり、その結果、消費者に健康被害を引き起こすことがあります。

モナコリンKの過剰摂取はなかったか?

さらに、

紅麹ポリケチドに含まれるモナコリンKはスタチン系薬剤のロバスタチンと化学的に同一であり、コレステロールを低下させる効果がありますが、過剰摂取すると腎臓に悪影響を与える可能性があります。

スタチンの使用は腎機能への影響が懸念されており、腎臓疾患のリスクと関連しています。

その他の原因の可能性は?

紅麹問題では、シトリニン以外にも、紅麹の生産過程や成分に関するさまざまなリスクが考えられます。

これには、培地としての紅麹菌、発酵プロセスで生成される生理活性化合物、原料の汚染、重金属などが含まれます。

これらのリスクは、紅麹製品を使用する消費者の健康に悪影響を与える可能性があります。

特に、紅麹米の原料となる米の品質や、発酵プロセス中の衛生管理が重要であり、これらの段階での汚染が健康被害に直結することも考えられます。

紅麹の過剰摂取問題

紅麹関連の健康リスクには、自然に含まれる成分の過剰摂取によるリスクも含まれます。

例えば、紅麹に含まれるモナコリンKは、スタチンと同じようにコレステロールを下げる効果がありますが、その副作用として筋肉障害や肝障害、さらには腎障害を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。
例えば、このような仮説も可能かもしれません。

つまり 「慢性腎臓疾患をもつかたが、常時、病院から処方される薬剤としてのスタチンを服用しながら、加えて、スタチン同様のモナコリンKを含む紅麹サプリを過剰に常用したことで、両者あいまって、結果、スタチン過剰摂取状態につながってしまった」との可能性もありうるということです。

欧米での紅麹サプリメントの取り扱い

アメリカのメイヨークリニックなどの健康機関は、紅麹製品を含むスタチン類の潜在的な健康リスクについて警告しています。

参考
Is Red Yeast Rice a Suitable Alternative for Statins?
https://www.mayoclinicproceedings.org/article/S0025-6196(11)60650-2/fulltext

 

メイヨークリニックからの警告

紅麹米製品に含まれるスタチン類を含むスタチン類は、血中のコレステロール値を下げるために一般的に使用されており、心臓病や脳卒中の予防に役立ちます。
ただし、副作用や潜在的な健康リスクを伴う可能性もあり、メイヨークリニックなどの保健機関はそのことを強調しています。

具体的には次のとおりです。

筋肉痛と損傷:
スタチンの最も一般的な副作用の 1 つは筋肉痛であり、軽度の不快感から重度の痛みまでさまざまです。
まれに、スタチンは横紋筋融解症と呼ばれる生命を脅かす筋肉損傷を引き起こす可能性があり、重度の筋肉痛、肝臓障害、腎不全、死に至る可能性があります。

肝損傷:
スタチンは時折肝酵素の増加を引き起こす可能性があり、これは肝損傷の兆候である可能性があります。
スタチンを服用している患者は通常、この潜在的な副作用を監視するために定期的な肝機能検査を受けます。

血糖値の上昇または 2 型糖尿病:
スタチンが血糖値を上昇させる可能性があり、2 型糖尿病の診断につながる可能性があるという証拠があります。 このリスクは、糖尿病の危険因子をすでに持っている人にとって特に重大です。

神経系の副作用:
スタチンを服用している人の中には、記憶喪失、混乱、その他の認知障害を経験する人もいます。 ただし、これらの副作用はまだ調査中であり、証拠は決定的ではありません。

紅酵母米に含まれるスタチン:
紅酵母米は、スタチン薬ロバスタチンに含まれるのと同じ有効成分であるモナコリン K を天然に含むサプリメントです。
ただし、モナコリン K の量は紅麹米製品によって大きく異なる可能性があり、それが予測できない、または過剰なスタチン効果を引き起こす可能性があります。
さらに、腎不全を引き起こす可能性があるシトリニンと呼ばれる毒素に汚染されるリスクがあります。

メイヨークリニックやその他の保健機関は、スタチンは心血管リスクを軽減するのに効果的ではあるが、すべての人に適しているわけではなく、慎重に管理する必要がある潜在的な副作用を引き起こす可能性があると強調しています。
患者は常に医療提供者に相談して、紅麹製品の使用を含むスタチン療法の利点とリスクを比較検討する必要があり、専門家の指導なしに自己治療をすべきではありません。

欧州では?

欧州では、紅麹で発酵させた米(紅麹)由来のサプリメントの摂取が原因と疑われる健康被害が報告されています。
欧州食品安全機関(EFSA)や欧州連合は、消費者を潜在的な危害から守るために、シトリニンの含有量の制限を含むサプリメントの基準を定めています。

ヨーロッパにおける紅酵母サプリメントの規制状況について

最近の規制措置

欧州連合は、食品サプリメントにおける紅酵母由来のモナコリンの使用に関する規制を修正することで、これらの懸念に対処するための措置を講じました。

モナコリン濃度の制限:

欧州委員会は規則 (EU) 2022/860 を採択し、2022 年 6 月 22 日に発効しました。
参考
委員会規則 (EU) 2022/860 2022 年 6 月 1 日以降 紅麹米由来のモナコリンに関する欧州議会および理事会の規則 (EC) No 1925/2006 の附属書 III を修正する
https://eur-lex.europa.eu/eli/reg/2022/860/oj

この規則では、紅酵母を含む栄養補助食品は 1 日あたりの総モナコリン量が 3 mg 未満でなければならないと規定しています。
これは、紅麹由来のモナコリンKが正常なコレステロール値の維持に役立つという健康上の主張に関連した措置です。
以前は一般的だった1日当たり10mgの用量から大幅に削減されたものです。
ラベル表示要件:
新しい規制では、これらのサプリメントに対する特定のラベル表示要件も義務付けられています。
ラベルには、1 回分あたりのモナコリンの含有量を表示し、1 日の推奨量を超えないよう警告を含める必要があります。
妊娠中または授乳中の女性、18歳未満の子供、70歳以上の成人、健康上の問題を抱えている人、コレステロールを下げる薬を服用している人、および紅麹を含む他の製品をすでに摂取している人には、追加の警告が必要です。

健康強調表示の削除:
健康強調表示を行うために以前に必要とされていた用量 10 mg からより厳しくなり、 3 mg という新たな安全制限により、紅麹由来のモナコリン K が正常な血中コレステロール値の維持に寄与するという主張はもはや使用されなくなります。
すでに認可され、許可された健康ものについても、健康強調表示の連合リストから削除されます

影響と業界の反応

これらの規制変更は、ヨーロッパの紅酵母サプリメントの製造業者と消費者に重大な影響を及ぼします。
製造業者は、新しいモナコリン制限に準拠するように製品を再配合し、必要な警告を含むように製品ラベルを更新する必要があります。
コレステロール管理のためにこれらのサプリメントを使用しようとしている消費者は、より低用量での製品の有効性に関する期待を調整し、安全な摂取を確保するために新しいラベルに細心の注意を払う必要があるかもしれません。
欧州食品安全機関(EFSA)と欧州委員会は、高用量のモナコリンに伴う潜在的な悪影響から消費者を守る必要性を強調することで、これらの規制措置を正当化しました。
この動きは、EUにおける栄養補助食品、特に処方薬と同様の薬理効果を持つ活性物質を含むサプリメントの規制が強化される傾向を反映しているものです。
このように、ヨーロッパにおける紅麹米サプリメントに関する規制の傾向は、モナコリン濃度の厳格な管理、表示要件の強化、および特定の健康強調表示の削除に向けた動きが特徴的となっています。
これらの変更は、サプリメントの摂取に伴う利点とリスクのバランスをとるという課題に対処しながら、消費者の安全を確保することを目的としています。

フランスでは?
フランスは安全性と医師の監督の必要性への懸念を反映して、紅酵母サプリメントを摂取する前に医師に相談するよう個人に勧告しています。

スイスでは?

スイスでは、紅麹を含む製品は厳しい規制の対象となります。
これらは食品や医薬品として売買することは違法であり、消費者に潜在的な健康リスクをもたらす製品に対する同国の慎重な姿勢を反映しています。

この規制上の姿勢は、一般の人々が入手できる健康補助食品や医薬品の安全性と有効性を確保するためのスイスの広範な取り組みの一環であります。

筋肉痛や筋力低下のリスク、シトリニンが存在する可能性など、紅麹サプリメントの安全性に関する懸念を踏まえ、ヨーロッパとスイスの規制当局は消費者を保護する措置を講じています。

これらの措置には、サプリメントの基準の設定、使用前の医師への相談の勧告、そしてスイスの場合、食品または医薬品としての紅酵母製品の販売の禁止などが含まれます。

消費者は、特に副作用や他の薬との相互作用の可能性を考慮して、そのようなサプリメントを使用する前に注意を払い、医師のアドバイスを受けることを勧めています。

アメリカでは?

1998年に米FDAが紅麹サプリのリスクについてっ、次のような議論をしています。
議論したポイントについて、見てみると、下記の通りです。

「FDAは処方薬であるロバスタチン(lovastatin)と構造的に同一であるモナコリンKを含む紅麹米製品に対するFDAの規制上の立場について議論。
国立補完統合医療センター (NCCIH) からの情報によると、FDA は強化されたロバスタチン(lovastatin)または追加のロバスタチンを含む紅麹米製品に対して措置を講じた。
FDA の規制は、ロバスタチンが食品または栄養補助食品として販売される前に新薬として承認されたとの前提にたっている。
FDAはロバスタチンを強化または追加した紅麹米製品を販売する企業に警告書を送り、違反を是正するよう指示した。

内容は、下記の国立補完統合医療センター (NCCIH)のサイトに詳しい。 https://files.nccih.nih.gov/s3fs-public/Red_Yeast_Rice_11-30-2015.pdf… 内容は下記のとおりです。
「この文書は、コレステロール値を下げるための栄養補助食品として米国で使用されている伝統的な中国料理および医薬品である紅酵母米の包括的な概要を提供します。

重要なポイントは次のとおりです。

一部の紅麹製品には、コレステロール低下薬ロバスタチンの有効成分と同じモナコリン K が含まれており、コレステロールを低下させる可能性がありますが、同様の副作用や薬物相互作用も引き起こします。

これらの製品に含まれるモナコリン K の量はさまざまであり、消費者は製品ラベルからモナコリン K の含有量を判断することはできません。

米国食品医薬品局(FDA)は、微量以上のモナコリンKを含む紅麹米製品を未承認の新薬とみなし、栄養補助食品としての販売を違法としています。

一部の紅麹米製品に含まれる汚染物質であるシトリニンは、腎不全を引き起こす可能性があります。

臨床試験では、モナコリン K を大量に含む紅麹米製品がコレステロール値を下げることが示されていますが、モナコリン K をほとんどまたはまったく含まない製品の効果は不明です。

FDAは、微量以上のモナコリンKを含む紅麹米製品を販売する企業に対して措置を講じました。

消費者は、従来のケアの代替として紅麹を使用したり、健康上の問題について医師の診察を受けるのを遅らせたりしないこと、 また、 妊娠中、授乳中、または処方スタチン薬と併用している場合は、これらのサプリメントを使用しないこと をお勧めします。

この文書では、紅麹製品を使用する前に医療提供者に相談すること、 またウェブ上で入手可能な情報に注意することの重要性を強調しています。

また、医薬品と比べて栄養補助食品に対する連邦規制が緩いことも強調しています。」

代替措置の模索

このようなリスクを背景に、紅麹やその成分の安全性に関する研究は進められており、スタチンの代替として注目されているPCSK9阻害剤など、新しい治療法の検討も行われています。
これらの新しい治療法は、LDLコレステロールを効果的に低下させることができる一方で、腎臓疾患を含む潜在的なリスクについても十分な検証が求められています

PCSK9阻害剤についての懸念

もっとも、このPCSK9阻害剤についても、一部から健康上の懸念が持たれています。
すなわち、スタチンの代替阻害剤としてPCSK9 阻害剤があるのですが、これと腎機能の関係は研究の対象となっており、慢性腎臓病 (CKD) 患者におけるこれらの薬剤の安全性と有効性、および腎機能に対する潜在的な影響を調査する研究が行われています。
PCSK9 阻害剤は、LDL コレステロール (LDL-C) レベルを効果的に低下させる能力で知られており、心臓血管の健康に有益です。
しかし、特に CKD 患者の腎機能に対するそれらの影響は、関心があり研究されている分野です。
系統的レビューでは、CKD患者の心血管リスクを低下させるPCSK9阻害剤の安全性と有効性が強調されました。
このレビューには、PCSK9 阻害剤が CKD 患者の LDL-C レベルを低下させる上で信頼性があり、安全で効率的な治療法であることを示した研究が含まれています。
しかし、重篤な末期腎疾患におけるPCSK9阻害剤の安全性と有効性は、罹患率や死亡率につながる感染症などの他の要因により依然として不確実であることも指摘しています。
さらなる研究により、PCSK9阻害剤がCKDにおけるLDL-Cレベルを効果的に低下させるだけでなく、PCSK9阻害剤の使用と原発性糸球体疾患(Primary glomerular disease)との因果関係も示唆されることが示されています。
これは、PCSK9 阻害剤が LDL-C レベルの低下にプラスの効果をもたらす一方で、自己免疫性腎疾患に対するその効果はさまざまであるようであり、さらなる研究が必要であることを示しています。
さらに、「免疫介在性壊死性ミオパチー」(HMGCR) および PCSK9 の遺伝的変異と腎機能に関する研究では、遺伝的に予測された PCSK9 阻害が腎機能と関連していることが判明し、PCSK9 阻害と腎臓の健康との間に複雑な関係があることが示唆されています。
このように、PCSK9 阻害剤は LDL-C レベルを下げる効果的な代替品であり、CKD 患者における PCSK9 阻害剤の使用を裏付ける研究が行われていますが、 しかし、特に原発性糸球体疾患や自己免疫性腎疾患に関連した腎機能に対するそれらの影響はまだ調査中であり、現在の証拠はその影響を完全に理解するためにさらなる研究の必要性を示唆しています。

以上、紅麹の安全性に関する懸念は、特に長期間にわたって使用される場合に顕著です。
そのため、紅麹を含むサプリメントの使用を検討している消費者は、健康状態や既存の疾患、他の薬剤との相互作用を考慮し、医療専門家と相談することが推奨されます。
最終的には、紅麹製品の安全性と有効性に関するさらなる研究と監視が必要であり、消費者はこれらの情報を基に、自己の健康に最適な選択をする必要があるでしょう。
終わり

参考リスト

3月28日時点で、リコールの対象となっている商品一覧

消費者庁のリコール情報サイト
https://www.recall.caa.go.jp/index.php
から、紅麹関連の小品のみ抜き出すと、次のようになりました。。
 
山本漢方製薬「内脂ブロッカー」
本田味噌本店「紅こうじ味噌、ほか」
芳香園製薬「エラスチンプラス&ナットウキナーゼ、ノンコレッセン プレミアム」
小林製薬「紅麹コレステヘルプ 60粒20日分、90粒30日分、45粒15日分」
小林製薬「ナットウキナーゼさらさら粒ゴールド」
小林製薬「ナイシヘルプ+コレステロール」
大塚食品「あわ 紅豆腐」
竹屋「タケヤみそ「塩ひかえめ紅麹仕立て」」
ZERO PLUS「悪玉コレステロールを下げるのに役立つ 濃厚チーズせんべい」
紀文食品「国産いか使用いか塩辛、いか塩辛3P」
宝酒造「松竹梅白壁蔵「澪」PREMIUM〈ROSE〉」
山高味噌「信州甘口紅麹みそ」
フジヨシ醤油「元気みそ、みそドレッシング」
中屋醸造所「紅麹味噌」
籠谷「やすらぐ果実」
森川健康堂「KIDSプロポリス」
梅園「どら焼(さくら)、桜あんみつ」
仙醸「黒松仙醸 どぶろくロゼ」
馬場商店「紅糀みそ、ほか」
ヘルシープラス「コレステライフ」
豆福「豆でなも、豆だくさん」
アドバン「コレケアプラス」
京都やま六「紅さけ紅麹みそ漬」
伝食「納豆キナーゼ」
ジャパンギャルズSC「からだにとどく食べる菌」
敬明「ハンバーガー用レッドバンズ」
海洋食品「豆腐よう」
ペッツルート「ペットフード:やさしいフード チキン&ビーフ、ほか」
ロバ菓子司「釜蒸し蔵、釜蒸しケーキ、黒だべー」
ツバキ薬粧「発酵高麗あか人参+金時しょうが」
ロバ菓子司「さくらシフォン」
薫製倶楽部「倉敷ソーセージ(ほそびき)、金太郎ソーセージ(ほそびき)」
ワップ「レッダムプレミアム」
河野酢味噌製造工場「紅こうじ米酢 紅酢」
丸井伊藤商店「どぶろくおかめ赤 300ml、720ml」 –
金谷ホテルベーカリー「金谷ホテルベーカリーブランド:いちごブレッド、いちごロール、春のあんぱん」 –
パンのカワバタ「いのちのパン(紅麹パン)」
富澤商店「紅麹パウダー」
ノエビア「ノエビア DHA&EPA」
原商「新潟紅麹甘酒」
げんぶ堂「こうのとりの郷 松葉マヨネーズ、ほか14商品」
富山薬品「ルーレンゴールドレッダームDX」

米カリフォルニア州の「動物福祉」に重点を置いた養豚・養鶏飼育への新たな規制「Proposition 12」とは?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:37 PM

 

「Proposition 12」として知られるカリフォルニア州の新しい規制は、豚肉産業に重点を置き、繁殖豚、子牛、採卵鶏の飼育に関する特定の基準を義務付けています。

2018年にカリフォルニア州の有権者によって承認(住民投票により可決)されたこの法律は、これらの動物のためにより多くのスペースを必要とし、動物が向きを変えたり手足を完全に伸ばすことができないほど小さい豚の繁殖用の妊娠箱の使用を事実上禁止することで、動物福祉を改善することを目的としています。

以下は、豚肉生産に関連する「Proposition 12」の主要な構成要素とその影響の概要です。

「Proposition 12」の主要な要件

繁殖豚のためのスペース:
「Proposition 12」では、繁殖豚を 24 平方フィート以上の使用可能な床面積のある囲いに閉じ込め、自由に向きを変え、手足や翼を完全に伸ばせるようにすることが求められています。

施行スケジュール:
子牛と採卵鶏に対する法律の要件は、それぞれ 2020 年 1 月と 2022 年 1 月に施行されました。
繁殖豚および豚肉の丸肉については、2022 年 1 月 1 日から要件が開始され、販売業者登録や第三者認証などの追加規制が 2024 年 1 月 1 日までに施行される予定です。

施行と遵守:
「Proposition 12」の施行は 2023 年 7 月 1 日に始まりました。
法律違反者は罰金または懲役に処される可能性があります。
この法律は、この日より前に屠殺された豚肉を年末までカリフォルニアで販売することを認めており、農家や小売業者には移行期間が設けられています。
この法律は当初は段階的に導入され、2022年1月に完全施行される予定でしたが、畜産業界から反発を受け施行が一時停止されました。
しかし最近、連邦最高裁判所がこの法律を支持したため、2024年1月1日までに企業は新法に準拠する必要があります

養豚産業への影響

供給と価格への影響
この法律により、2024年からカリフォルニア州での豚肉供給が制限されることが予想されており、州内のハムやベーコンなどの豚肉製品の価格上昇につながる可能性があります。
州内で販売されている豚肉のほとんどは他州から輸入されており、これらの他州からの輸入豚肉は、ほとんど新しい基準を満たしていない可能性(米国全体の豚肉供給量の 5% 未満しか新しい規制に準拠していない)があるためです。また、新しい基準を満たすために新しい施設に投資する必要がある可能性がある農家への影響も懸念されており、これが畜産物の価格上昇の可能性をもたらします。

全国への影響:
カリフォルニア州の豚肉消費量(全米の約15%)が大きいことを考えると、この法律は州外の豚肉供給と価格にも影響を与える可能性があり、他の地域での過剰供給と価格下落につながる可能性があります。
この規制に違反する生産物の販売が禁止されるほか、他州からの仕入れにおいても同様の基準を満たす必要があります。
現在、他の14の州が動物の極端な監禁に関する法律を制定していることから、カリフォルニアの今回の規制がアメリカ全土に及ぶ可能性も大きくなっています。。

業界の反応:
豚肉業界は、「Proposition 12」の遵守に伴うコストについて懸念を表明し、生産者に多大な経済的負担を課す可能性があると主張しています。
一部の生産者はすでに慣行の調整を始めていますが、他の生産者は新たな制限を見越して操業を縮小しています。
カリフォルニアで事業を行っており、卵、豚肉、子牛肉などの製品を販売している企業は、自社の製品がカリフォルニア州の法律に準拠していることを示す証明書をサプライヤーから取得する必要があります。

法的および世間の反応

法的異議申し立て:
「Proposition 12」に対する豚肉業界の法的異議申し立ては米国最高裁判所に持ち込まれ、最高裁判所は5対4の判決で同法を支持し、カリフォルニア州内での豚肉販売の規制は憲法上の監視の対象にはならないことを強調しました。

公衆と動物の権利の観点:
動物の権利活動家と「Proposition 12」 の支持者は、この法律は家畜の福祉を改善する上で重要な前進であると主張しています。
しかし、彼らはまた、法律の完全施行の遅れに対して不満を表明しています。

このように、「Proposition 12」 はカリフォルニア州における画期的な動物福祉法であり、特定の家畜の扱いに関する新しい基準を設定し、州内および全国の豚肉産業に広範な影響を及ぼします。

参考

「Proposition 12」についての要点

カリフォルニア州の「Proposition 12」は、家畜の拘束飼育を制限する動物福祉法規制です。主な内容は以下の通りです。

家畜の飼育環境基準

  • 2022年1月1日から、以下の最低面積基準が義務付けられました。

    • 繁殖豚: 1頭あたり2.2m2以上の床面積

    • 採卵鶏: ケージフリー飼育環境

  • 2020年から既に施行されている基準:

    • 子牛: 1頭あたり4平方メートル以上の床面積

    • 採卵鶏: 1羽あたり929平方cm以上の床面積

販売規制

  • この基準を満たさない環境で生産された卵や食肉は、カリフォルニア州内での販売が禁止されます。

  • 他州から搬入する場合も、同様の基準を満たす必要があります。

目的と影響

  • 従来の非人道的な家畜産業の改善と動物福祉の向上が目的です。

  • 畜産業界からは、コスト増と価格高騰が懸念されています。

  • 世界で最も厳しい動物福祉基準とされ、他地域にも影響が及ぶ可能性があります。

2022年2月に一時施行が停止されましたが、動物福祉を重視した家畜飼育環境の改善を求める重要な規制と言えます。

2024年3月20日

過疎県の人口減少は、自然減によるものなのか?社会減によるものなのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 10:27 AM

 

日本の過疎県、特に秋田県のような地域での人口減少は、自然減(出生数より死亡数が多いこと)が主要な要因として挙げられますが、これは老齢化が進んでいる県の特徴です。

過疎県の人口減少の核心

日本の過疎県、とりわけ秋田県を例に挙げると、人口減少は深刻な社会問題となっています。
この問題の核心には、自然減と社会減という二つの重要な要素が関与しています。
自然減が収まれば、人口減少のペースが鈍化するという意見がありますが、人口の自然減と社会減(若年層の都市部への流出など)との相関関係や、それによる累乗効果も重要な要素です。

自然減の進行

自然減は、主に高齢化に伴う出生数の減少と死亡数の増加によって引き起こされます。
高齢者人口の割合が高い過疎県では、出生率が低く、死亡率が高くなるため、自然に人口が減少します。
若年層の出生率が低下することでも起こります。

社会減の影響

この問題をさらに複雑にしているのは、社会減です。
これは若年層が教育や就職の機会を求めて都市部へ移住する現象であり、過疎県からの人口流出を引き起こします。
転出超過で、若年層が減ることで、地方の労働力がさらに減少し、地域経済に悪影響を及ぼします。
高齢化に伴い、医療・介護サービスの需要が高まってくるのに、肝心の人手不足で対応が困難になっていきます。
若年層が教育や就職の機会を求めて都市部へ移住することで、生産年齢人口が減少し、地方の労働力が減少し、さらに出生率の低下を招く可能性があります

自然減と社会減との相関係数を算出してみる
試しに、県内人口の自然減と社会減との相関係数を算出してみましょう。
下記の「ピアソン相関係数」(PCC)公式によります。

画像
nはデータポイントの数
xi yiはそれぞれ自然減少・社会減少の実数
xyの上に-がついているのは、その平均値 です。

これら係数の試算を時系列的に行っていくことによって、これからの人口減少対策戦略は、より明確になりえるでしょう。
少ないデータなら、このオンライン計算機でも間に合いますが。
これ

秋田県を例とする「ピアソン相関係数」(PCC)の試算結果は?

Geminiでの「ピアソン相関係数」(PCC)試算結果は次の通りでした。

使用したデータは下記のとおりです。

秋田県の人口:総務省統計局「人口動態統計」より、2010年から2020年までの年間人口データ
秋田県の出生数:総務省統計局「人口動態統計」より、2010年から2020年までの年間出生数データ
秋田県の死亡数:総務省統計局「人口動態統計」より、2010年から2020年までの年間死亡数データ
秋田県の社会増加数:秋田県企画振興部統計課「秋田県の人口と世帯」より、2010年から2020年までの年間社会増加数データ(転入数-転出数)

結果の判断目安は下記となります。

0.8以上:強い正の相関関係がある
0.5~0.8:中程度の正の相関関係がある
0.2~0.5:弱い正の相関関係がある
0~0.2:ほとんど相関関係がない
-0.2~0:弱い負の相関関係がある
-0.5~-0.2:中程度の負の相関関係がある
-0.8以下:強い負の相関関係がある

結果は下記の通りでした。

秋田県の人口と出生数、死亡数、社会増加数との間のピアソン相関係数を計算した結果

  • 人口と出生数:-0.87(強い負の相関関係)

  • 人口と死亡数:0.78(強い正の相関関係)

  • 人口と社会増加数:0.43(中程度の正の相関関係)

これらの結果から、以下のことが推測できます。

  • 秋田県の人口減少は、主に自然減少(死亡数>出生数)によるものである。

  • 社会減少(転出数>転入数)も人口減少に一定の影響を与えている。

自然減と社会減の相互作用

自然減と社会減の間には、相互作用があります。
高齢者の割合が増えると、地域社会の負担が増加し、若年層にとって魅力的な生活環境や就業機会が失われがちになります。
これはさらに若年層の流出を促し、社会減を加速させることになります。
自然減と社会減は相互に影響を及ぼし合い、累乗効果を生むことがあります。
例えば、若年層が減少することで地域の活力が失われ、それがさらなる若年層の流出を促す可能性があります。
また、高齢者の割合が増えることで、医療や介護などの社会サービスへの需要が高まり、これが地方財政に負担をかけることも考えられます。
そして、人口減少により地域経済が縮小し、さらに若年層の転出を招くという、負のスパイラルに地域全体が陥っていきます。
自然減と社会減の相乗マイナス効果で、人口減少のスピードは加速度的に早まる可能性があります。
単純に自然減が収まれば人口減少が鈍化するとは限らず、社会減への対策も同時に講じる必要があります

総合的な対策の必要性

このようにして、自然減と社会減は相互に作用し合い、過疎県の人口減少を加速させる複合的な問題となります。
そのため、この問題に効果的に対処するには、自然減に焦点を当てるだけでなく、社会減やそれらの相互作用を考慮に入れた総合的な対策が必要です。
自然減と社会減は相互に影響し合う関係にあります。
自然減による人口減少が進めば、地域の活力が低下し、社会減が加速します。
地域の社会インフラの維持が難しくなり、利便性の低下から、さらなる若者の流出を招いていきます。
社会減により生産年齢人口が減れば、出生率が低下し自然減が進行します。
つまり、自然減と社会減は累乗的に人口減少を加速させていく可能性があります。
したがって、自然減対策だけでなく、社会減対策(雇用創出、生活環境整備など)も重要になります
これらの要因は相互に関連しており、単一の要因だけに注目することは、問題の全体像を把握する上で不十分です。
若者の定着・回帰を促す雇用創出や子育て支援など、地域の実情に即した施策の推進が求められます。

長期的戦略の展開

総じて、過疎県の人口減少問題は、単一の原因や対策で解決できるものではありません。
自然減と社会減の相関関係と累積効果を理解し、地域の実情に合った長期的な戦略を立てることが求められます。
その過程で、地方自治体や国が連携し、地域に根差した持続可能な発展を目指すことが不可欠です。

以上

2024年3月19日

恐竜の絶滅はいつから始まったのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 10:48 AM

恐竜が絶滅する前に、地球の環境と生態系に大きな変化があったことを示す兆候や出来事がいくつかありました。

主な兆候は次のとおりです。

火山活動:
現在のインドにあるデカントラップ(Deccan Traps)では、数千年にわたって大規模な火山噴火が発生しました。

これらの噴火は、大量の溶岩、火山灰、ガスを大気中に放出し、動植物の生命に悪影響を与える寒冷化や酸性雨などの重大な気候変動を引き起こしました。

気候変動:
絶滅に至るまでには、寒冷期と温暖化期を含め、重大な気候変動がありました。
これらの変化により、恐竜や他の生物の生息地や食料源が破壊された可能性があります。

海面の変化:
火山活動や気候変動によって引き起こされる可能性のある海面の変動は、沿岸の生態系に変化をもたらし、海洋および陸上の生息地の喪失につながる可能性があります。

小惑星の衝突:
恐竜の絶滅に関連する最も重要な出来事は、現在のメキシコのユカタン半島にチクシュルーブ・クレーター(Chicxulub crater)を形成した小惑星の衝突です。

約6600万年前に起きたこの現象は、大量の塵、灰、破片を大気中にまき散らし、太陽光を遮断し、地球の気候を劇的に冷却した(「核の冬」効果)と考えられます。

生態系の破壊:
今日にのこされた証拠には、小惑星衝突前に多くの種が消滅し、絶滅事件に至るまで生物多様性の減少があったことを示唆しています。

この生物多様性の減少により、生態系は壊滅的な出来事に対してより脆弱になった可能性があります。

酸性雨と海洋の酸性化:
小惑星の衝突と火山の噴火により、硫酸エアロゾルが大気中に放出され、酸性雨が発生したと考えられます。
これは、CO2レベルの増加とともに海洋酸性化を引き起こし、海洋生物やサンゴ礁に深刻な影響を与えたでしょう。

これらの要因はおそらく複雑に相互作用し、生態系を弱体化させ、環境ストレスに対する耐性を低下させ、最終的には白亜紀末に恐竜や他の多くの生命体を絶滅させる大量絶滅事件に貢献したと考えられます。

今日の植田日銀総裁の記者会見内容

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 10:42 AM

 

日本銀行は、2024年3月19日の金融政策決定会合で、世界で最後のマイナス金利政策を解除し、17年ぶりの利上げを決定した。

新たな政策金利は無担保コール翌日物レートを目標とし、0から-0.1%に誘導する。

これにより、2013年4月以来続いていた大規模な金融緩和政策が転換点を迎えた。

イールドカーブコントロール(YCC)の廃止や上場投資信託(ETF)の新規購入停止も決定された。

植田和男総裁は、物価見通しが上振れるリスクが高まった場合は政策変更の理由になると述べ、基調的な物価上昇率が2%を下回っている間は緩和的環境が続くが、物価が上昇すれば緩和の程度は縮小していくとも述べた

総裁は、短期金利を主たる政策金利とする運営は他の中央銀行と同様の設定になると説明し、2%物価目標の持続的・安定的な実現が見通せる状況に至ったものの、予想物価上昇率から見るとまだ2%には距離があると指摘。

そのギャップに着目することが重要だと語った。

また、大規模緩和の役割が終了したとし、今後の金融政策運営に関しては、引き続き2%の物価安定の目標の下で適切に金融政策を運営すると指摘した

植田総裁は、賃金と物価の好循環の強まりが確認されてきており、展望リポートの見通し期間終盤にかけて、2%目標の実現が見通せる状況に至ったと判断したと説明。

マイナス金利政策やYCCなどの大規模な金融緩和はその役割を果たしたとしている。

また、預金金利や貸出金利が大幅に上昇するとは見ていないとし、先行きも緩和的な環境が経済・物価をしっかりと支える方向で作用するとの見方を示した

岡崎康平シニアエコノミストは、フォワードガイダンスおよびオーバーシュート型コミットメントが落とされたことから、少しタカ派的な印象を受ける内容と指摘。

足元の円安や賃上げ動向を踏まえると、2025年前半ぐらいまでインフレ率は2%を超えるような状況が続くとし、10月会合での0.25ポイントの追加利上げを予想した

日銀の政策正常化への一歩として、市場の関心は今後の利上げや国債購入のペースに移ることが予想される。

総裁が会見で緩和的環境の維持を強調しつつも、物価の動向次第では追加利上げの可能性もあり得ることを示唆したことで、4月公表の経済・物価情勢の展望(展望リポート)で示される物価見通しへの注目が高まりそうだ

以下は今日の日銀総裁記者会見のエッセンスである。

金融政策の転換

植田日銀総裁は、2%の物価安定目標が持続的に実現できる状況に至ったと判断し、これまでの大規模な金融緩和策を転換することを表明した。

賃金と物価の好循環確認

総裁は、今年の春闘での賃上げ実現の可能性が高く、企業からのヒアリングでも賃上げの動きが確認されたことから、賃金と物価の好循環が強まっていると判断しました。中小企業の賃上げは弱いものの、全体としてはある程度の姿になると見込んでいる。

当面は緩和的な金融環境が継続

ただし、総裁は当面は緩和的な金融環境が継続すると述べました。短期金利の上昇は0.1%程度にとどまり、長期金利が急上昇する場合は国債買い入れを機動的に増額する方針です。預金金利や貸出金利が大幅に上昇するとは見ていない。

金利水準は市場が決める

国債買い入れは当面これまでと同程度の額で継続しますが、金利水準は市場が決めるものとしている。

ただし、金利が急激に上昇する場合はオペを打つとしている。

利上げのペースは緩やか

利上げのペースは経済・物価の見通しによるが、現時点の見通しでは急激な上昇は避けられるとしている。
物価見通しが上振れるか、上振れリスクが高まれば、政策変更の理由になるとしている。

異次元緩和の役割は終了

総裁は「異次元の緩和は一応役割を果たした」と述べ、今後はバランスシート縮小を視野に入れるとしている。
ただし、過去の異次元緩和の「遺産」は当面残り続けるとの見解を示した。

以上

2024年3月17日

大企業による先行的な賃金引き上げが、中小企業に及ぼす影響

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 10:33 AM

 

大企業による先行的な賃金引き上げの影響は、中小企業、特にこれらの大企業の下請け企業にいくつかの影響を与える可能性があります。

主な影響の一部を以下に示します。

プラスの影響

  1. 消費者支出の増加

    • 賃金の上昇により労働者の可処分所得が増加し、個人消費が促進されます。これは中小企業を含む全体の企業に利益をもたらす可能性があります。

  2. 人材の誘致

    • 中小企業は、より高賃金を求める労働者を間接的に惹きつけることができます。

  3. 生産性の向上

    • 給与が高い従業員は一般に生産性が高く、これが中小企業の利益増加につながる可能性があります。

マイナスの影響

  1. 賃金期待の増加

    • 大企業の賃上げは業界全体の賃金期待を高め、中小企業にも賃金引き上げの圧力をもたらす可能性があります。

  2. コスト圧力

    • 中小企業が賃金上昇を顧客や下請け業者に転嫁できない場合、利益率の圧迫や財務的危機に直面する可能性があります。

  3. 競争上のデメリット

    • 賃金引き上げに対応できない中小企業は、労働力獲得競争で苦戦し、労働力不足や経営上の課題につながる可能性があります。

  4. インフレ圧力

    • 賃金上昇はインフレ圧力を高め、中小企業のコストを増加させる可能性があります。

経営への影響

  1. コスト転嫁の難しさ

    • 市場が価格上昇を許容しない場合、中小企業は増加したコストを吸収しなければならない可能性があり、利益率がさらに圧迫されます。

  2. 財務的負担

    • 利益率が低い中小企業は、賃金上昇を吸収するのが困難であり、財務的な負担が増大します。

  3. 破産や閉鎖のリスク

    • 賃金コストの増加を管理できずに倒産や廃業に至る可能性があります。

  4. 労働力不足

    • 競争力のある賃金を提供できない場合、労働者が他へ移動するリスクがあります。

長期的課題

  1. 効率とイノベーションの必要性

    • 賃金の上昇に対処するため、中小企業は効率と生産性を向上させるためにテクノロジーと自動化への投資が必要です。

  2. 政府と政策の介入

    • 政府は減税、補助金、技術や研修への投資のための資金へのアクセス支援など、中小企業を支援するための政策介入を検討する必要があります。

2024年3月16日

ルッキズムってなに?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 10:45 AM

 

ルッキズム(lookism)は、特にその外見が社会の美の基準に適合しているか否かに基づき、個人を有利または不利に差別する現象です。

この差別はデート、社会環境、職場など様々な場面で生じ、恋愛関係や仕事の機会、その他人生の多くの側面に大きな影響を及ぼすことがあります。

特に、社会の美の概念に満たないと考えられる外見を持つ個人に対して見られがちです。

このような偏見は、雇用、社会的交流、機会へのアクセスといった人生の多くの側面に影響を与え、魅力的とみなされる人々が、そうでない人々よりも優遇される可能性があります。

ルッキズムの反対は、外見に関係なく人々が平等に扱われる状況や行動を指し、ここでの判断は能力、性格、行動などの非身体的属性に基づいています。

しかし、ルッキズムの直接の対義語として広く認識されている用語はなく、この概念は公平、平等、無差別の原則、平等主義、外見の中立性の原則と関連しており、外見に偏見を持たずに人々を公平に扱うことの重要性を強調します。

人間社会を図書館になぞらえれば、本の表紙だけでその価値を判断する「ルッキズム」という行為がいかに不公平かが明らかになります。

想像してみてください。
仕事を得るかどうかがスーツの着こなしにかかっていたり、デートの成否が最後のヘアカットの出来栄えに左右されるような世界を。

このような表面的な価値観が支配する社会では、実際に仕事に適した人物が見過ごされ、派手な笑顔だけで評価されることがあります。

その結果、オフィスの生産性は極めて不安定になり得ます。

さらに、ルッキズムが社交界を一種の美人コンテストに変えてしまいますが、これが現実に起こっていると認識している人は少ないでしょう。

まるで毎日仮装パーティーに参加しているにも関わらず、自分だけが仮装していないことに気づくようなものです。

そして、美の基準は絶えず変化し、ある日は太い眉毛が、翌日には細い眉毛が流行するのです。

結局、ルッキズムにより、人生は終わりのない競争ゲームになりがちです。

本来自由であるべき子供たちまでもが外見に基づく評価で支配され、人気テストに合格しようとする世界です。

このような状況では、鏡が最高の裁判官、陪審員、時には執行人となり、表面的な価値観に支配されるコミカルでありながらも恐ろしい世界が広がっています。

2024年3月11日

AI化でより身近になってきた楽譜のMIDI変換と音楽再生

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 10:16 AM

今から20年くらいまでは、楽譜をスキャンしてmidiにデジタル化するには、専用のソフトを買い、楽譜を MIDI に変換し、ヤマハなどのDTM用音源を介在し再生、みたいなややこしい経験を私自身してきたのですが、それから20年以上たった今では、大分、環境が様変わりしてきているようです。

以下に昨今の事情を記しておきましょう。

楽譜を MIDI に変換するには、通常、ページ上の音符や記号を認識して MIDI データに変換できる音楽スキャン ソフトウェアを使用します。

MIDI (Musical Instrument Digital Interface) は、電子楽器、コンピュータ、その他の機器が相互に通信し、同期できるようにするプロトコルです。

楽譜を MIDI に変換するためのソフトウェア

次のものがあります。

ScanScore:
このソフトウェアを使用すると、楽譜をスキャンしたり、PDF ファイルをインポートしたりして、再生やさらなる編集のために MIDI または MusicXML 形式に変換できます。
https://scan-score.com/en/?gad_source=1&gclid=CjwKCAiA0bWvBhBjEiwAtEsoW4hz7ahhqx7C8g69Jz1mMxDn8ivCxXxXesWyi88idh0xuwMTnm6wuRoCaiQQAvD_BwE

MuseScore:
MIDI および MusicXML ファイルをインポートおよびエクスポートできる無料の楽譜作成ソフトウェア。
PDF を MIDI に変換することもできますが、PDF 変換サービスを使用する追加手順が必要になる場合があります。

PlayScore:
楽譜の写真を撮って MIDI に変換できるモバイル アプリですが、すべての機能を利用するにはサブスクリプションが必要です

楽譜を MIDI に変換したら、MIDI プレーヤーやデジタル楽器を使用して音楽を再生できます。


MIDI ファイルを再生できる MIDI プレーヤーおよび記譜ソフトウェア

次のようなものがあります。

Midi Sheet Music:
MIDI 音楽ファイルを再生し、ピアノの音符と楽譜の音符を強調表示する無料プログラム

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.midisheetmusic&hl=ja&gl=US

PDFtoMusic

Notation player(記譜プレーヤー):

音符の再生中に MIDI 音楽ファイルを画面上に楽譜として表示する無料の MIDI プレーヤーには次のものがあります。

Synthesia:
MIDI ファイルを再生し、仮想キーボード上にノートを表示できるピアノ トレーニング アプリケーションです。
学習や練習によく使用されます。

以上です。
ほんの手軽に理想のDTMが個人で楽しむことができる時代になっています。

なお、MIDI 変換の精度は楽譜の品質とスキャン ソフトウェアの機能に依存することに注意してください。

そして、MIDI 再生が元の音楽を正確に反映していることを確認するには、手動による修正が必要になる場合があることも、要注意です。