笹山登生のウォッチ&アナライズ –


2024年2月1日

アメリカの国会議員の政治資金についての公開サイトにはどのようなものがあるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:02 PM

米国では、政治資金の透明性と説明責任を確保するために設計されたさまざまなメカニズムを通じて、政治家グループだけでなく個人の政治家の政治資金も一般に公開されています。
これらのメカニズムは、上院議員と下院議員の両方に適用されます。

個人の政治家
上院議員や下院議員などの個々の政治家については、受け取った寄付や支出を含む選挙資金が連邦選挙委員会(FEC)に提出された報告書を通じて開示されます。
FEC は、連邦選挙資金法の施行と管理を担当する独立規制機関です。
これらのレポートは定期的に提出する必要があり、次の詳細情報が含まれます。

個人、政治活動委員会 (PAC)、その他の情報源から受け取った寄付。
キャンペーンによる支出。
借金とローン。
キャンペーンに関連するその他の財務情報。

政治家のグループ
政党や PAC などの政治家グループも、FEC に財務活動を開示する必要があります。
これには:
寄付金と支出の定期的な報告。
寄付者の開示、特に一定の基準を超える寄付について。
キャンペーン活動、権利擁護、その他の政治的取り組みへの支出に関する詳細。

オンラインリソース
いくつかのオンライン プラットフォームや Web サイトでは、この情報を一般に公開し、選挙資金データを検索、分析、視覚化するためのツールを提供しています。

注目すべきサイトには次のようなものがあります。

連邦選挙委員会 (FEC) の Web サイト:
Home – FEC.gov
Find what you need to know about the federal campaign finance
www.fec.gov

FEC の公式 Web サイトでは、候補者、政党、PAC が提出した財務報告書に直接アクセスできます。
連邦選挙に関連する寄付金、支出、その他の財務データを調査するための検索ツールを提供します。

OpenSecrets.org:

https://www.opensecrets.org/

Center for Responsive Politics によって運営されている OpenSecrets.org は、連邦選挙への寄付、ロビー活動データ、分析のための包括的なリソースです。
候補者がどこで資金を調達し、どのように資金を使うかについての詳細な情報が提供されます。

FollowTheMoney.org:

https://www.followthemoney.org/
Home – FollowTheMoney.org
See comprehensive 50-state campaign contributions, independen
www.followthemoney.org

National Institute on Money in Politics によって管理されているこの Web サイトは、個々の政治家や団体への寄付を含む、連邦レベルと州レベルの両方での選挙資金に関する詳細なデータを提供します。

VoteSmart.org:

https://justfacts.votesmart.org/
Vote Smart | Facts For All
Vote Smart provides free, unbiased, in-depth information abou
justfacts.votesmart.org

このプラットフォームは、政治家の略歴、投票記録、争点の立場など、政治家に関するその他のデータとともに選挙資金に関する情報を提供します。

これらのリソースは、透明性を促進し、有権者が政治運動の資金調達方法や政治家が財政を管理する方法に基づいて情報に基づいた意思決定を行えるようにすることを目的としています。

清滝信宏プリンストン大教授は、日本の金融政策に対して、どのようなお考えをお持ちなのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:59 PM

清滝信宏プリンストン大教授の日本の金融政策に関する考え方を示した記事が、このところ話題を投げかけています。
究極、清滝教授は日本の金融政策について、どのようなお考えをお持ちなのか、以下にまとめてみました。
画像

清滝教授は、インフレ率が1〜2%程度に定着すれば、量的・質的緩和を解除することが望ましいと提言しています。

これは、日本銀行が宣言している物価の安定的な2%推移を目標とする超緩和政策とは異なる立場を示しています。

教授はまた、1%以下の金利でしか採算が取れないような投資は経済成長に寄与しないと主張しています。

このような発言は、経済学者が昔のように大胆な発言を避ける傾向がある中で、目立つものとなっています。

これらの点から、清滝教授は日本の金融政策に対して、より慎重なインフレ目標を支持し、低金利下でのリスクの取り方に懐疑的な姿勢を持っていることが伺えます。
彼の発言は、金融政策に対する新しい視点を提供し、政策立案者や経済学者の間で議論を促すものと考えられます。