笹山登生のウォッチ&アナライズ –


2024年2月1日

清滝信宏プリンストン大教授は、日本の金融政策に対して、どのようなお考えをお持ちなのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama – 2:59 PM

清滝信宏プリンストン大教授の日本の金融政策に関する考え方を示した記事が、このところ話題を投げかけています。
究極、清滝教授は日本の金融政策について、どのようなお考えをお持ちなのか、以下にまとめてみました。
画像

清滝教授は、インフレ率が1〜2%程度に定着すれば、量的・質的緩和を解除することが望ましいと提言しています。

これは、日本銀行が宣言している物価の安定的な2%推移を目標とする超緩和政策とは異なる立場を示しています。

教授はまた、1%以下の金利でしか採算が取れないような投資は経済成長に寄与しないと主張しています。

このような発言は、経済学者が昔のように大胆な発言を避ける傾向がある中で、目立つものとなっています。

これらの点から、清滝教授は日本の金融政策に対して、より慎重なインフレ目標を支持し、低金利下でのリスクの取り方に懐疑的な姿勢を持っていることが伺えます。
彼の発言は、金融政策に対する新しい視点を提供し、政策立案者や経済学者の間で議論を促すものと考えられます。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.