笹山登生のウォッチ&アナライズ –


2024年2月25日

現在出回っている生成AIの種類にはどんなものがあるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 12:37 PM

一口に生成AIといっても、雨後のタケノコのように出てきてしまってわけがわからなくなってるな。
主なものでも次のようなものがある。

①ChatGPT(OpenAI)
②Bing(Microsoft Edgeに組み込み) 
③Bard(Google)(LaMDA)
④notionAI
⑤Copilot(Microsoft Officeに組み込み)
⑥PerPlexity(OpenAIの支流)
⑦Autoblogging ai
⑧ChatSonic(Writesonic)
⑨DeepMind Sparrow
➉Frase
⑪Github Copilot
⑫Jasper Chat(Jasper AI)

さらにこれ以外にそれぞれに適合した、または用途に特化したプラグインがあるのだから、さらにややこしくなるのだが。

参考になるサイトとしては
https://wired.jp/article/review-ai-chatbots-bing-bard-chat-gpt-1/
https://aijapanlab.com/ai-tools/590/

さらに、これに加えて専門的に特化したAIも下記のようにある。

以下、列挙すると

⑭CLAIR (OpenAI)
⑮Replika
⑯AI Dungeon
⑰Synthesia
⑱DALL·E (OpenAI)
⑲Runway ML
⑳DeepL Translator
㉑GPT-3 Powered Applications

以下は特殊用途AIとなりますが

音声テクノロジーAIとして
Descript (Overdub),
Resemble AI,
Murf AI

ヘルスケアAI として
IBM Watson Health
DeepMind Health

ファイナンスAI として
Kavout,
Kensho,
Alpaca

CAD関係として
Autodesk

ランドスケープ関係として
AI発展が目覚ましいです。
具体的には、以下のサイトご参照

https://jaroeducation.com/blog/evolving-landscape-of-artificial-intelligence/

2024年2月5日

大震災時に、大型ヘリコプターなどにより、大量の避難民をパケットに入れてのシリング輸送は可能か?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:49 PM

大地震や同様の災害が発生した場合に、大型ヘリコプターを使用して避難者をパケットで輸送することは理論的には可能ですが、物流、安全性、輸送能力に大きな課題が伴います。
考慮すべき重要な点は次のとおりです。

ヘリコプターの収容能力:
シコルスキー CH-53E スーパー スタリオンやロシアのミル Mi-26 などの大型ヘリコプターは、小型ヘリコプターと比較して大きな揚力能力を備えており、多くの乗客を運ぶことができます。
たとえば、CH-53E は約 55 人の兵士を運ぶことができ、Mi-26 は最大 80 人の人員を運ぶことができます。
しかし、被災地から数千人、数万人が避難することを考えると、この数字はまだ比較的少ない数字です。

物流上の課題:
ヘリコプターを使用した避難を組織するには、安全な着陸ゾーンの特定、飛行スケジュールの管理、燃料供給の確保、乗客の安全かつ秩序ある乗降のための地上職員との調整など、正確な調整が必要です。

安全性への懸念:
特にインフラが損傷し、余震、火災、洪水などの危険が存在する可能性がある災害地域では、安全性が主要な考慮事項です。
このような状況では、避難者と運航乗務員の両方の安全を確保することが最優先事項となります。

アクセスと到達範囲:
ヘリコプターには、他の手段では到達するのが難しいエリアにアクセスできるという利点があり、特定の避難シナリオでは非常に貴重です。
しかし、その有効性は、特に広範囲にわたる大規模な作戦においては、その航続距離と燃料補給の必要性によって制限されます。

環境および気象条件:
ヘリコプターの運航は気象条件に大きく影響される可能性があり、大地震や嵐の後の混乱した余波では特に問題となる可能性があります。

代替避難方法:
避難の規模や地域の地理に応じて、多数の人々を避難させるにはボート (沿岸または河川地域)、バス、電車などの他の方法の方が効率的である場合があります。
ヘリコプターは、孤立した地域の人々に到達したり、負傷者を医療施設に搬送したりするために、より戦略的に使用できる可能性があります。

ヘリコプターは、迅速な展開、遠隔地またはアクセス不可能な地域へのアクセス、および医療避難のための独自の機能を提供しますが、集団避難の主な手段としてヘリコプターに依存することは現実的ではない可能性があります。
これらは、災害の特定の状況に合わせて調整されたさまざまな輸送手段を含む、より広範で複合的な避難戦略の一部である可能性が高くなります。

2024年2月3日

1972年を最後にして、その後、人類による月面着陸がないのはなぜなのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:55 PM

1969 年 7 月 20 日の人類初の月面着陸は、まさに人類にとって記念碑的な成果であり、ニール アームストロングとバズ アルドリンはそれぞれ月面を歩いた最初と 2 人目の人類となりました。
その後の月面着陸はなかったという一般的な誤解に反して、実際にはアポロ 11 号の後、月への有人飛行がいくつか行われています。

アポロ 11 号の後、NASA はさらに 5 回の有人月面着陸を成功させました。

アポロ 11 号からわずか数か月後の 1969 年 11 月、アポロ 12 号は嵐の海のサーベイヤー 3 号宇宙船の近くに着陸しました。
宇宙飛行士のピート・コンラッドとアラン・ビーンは、このミッション中に2回のムーンウォークを実行した。

1971 年 2 月のアポロ 14 号では、宇宙飛行士のアラン シェパードとエドガー ミッチェルがフラ マウロ高地に着陸しました。
シェパードが月面で2つのゴルフボールを打ったのは有名です。

1971 年 7 月のアポロ 15 号は、デビッド スコットとジェームズ アーウィンがハドリー アペニン地域に着陸し、月面をさらに移動するために初めて月面探査車を利用したという、より広範な探査ミッションでした。

1972 年 4 月、アポロ 16 号はジョン ヤングとチャールズ デュークとともにデカルト高原に着陸し、複数回の月面歩行と大規模な科学実験を実施しました。

1972 年 12 月のアポロ 17 号は、月への最後の有人ミッションであり、ユージン サーナンとハリソン シュミットがトーラス – リトロウ渓谷に着陸しました。
サーナンは月面を歩いた最後の人であり、全人類に平和と希望のメッセージを残しました。

アポロ 17 号以降のアポロ計画の中止は、主に予算の制約と NASA および米国政府内の優先順位の変化によるものでした。
焦点は、スペースシャトル計画などの地球低軌道での運用や、他の惑星や天体への無人探査ミッションに向けられました。

その後の月面着陸はなかったというのは、アポロ計画の終了とその後の有人月探査の長い空白の組み合わせから生じている可能性があります。
しかし、月への帰還に対する関心が再び高まっており、さまざまな国際宇宙機関が今後数年のうちに有人ミッションを計画しており、その中には人類を月に帰還させ、最初の女性と次の男性を月面に着陸させることを目的としたNASAのアルテミス計画も含まれています。

もっとも、映画などで、月面着陸の信憑性を疑問視する陰謀論や架空の物語があることは事実です。
これらはさまざまな分野の専門家によって徹底的に誤りが暴かれています。 遠隔測定データ、数千枚の写真、世界中で研究されている月の石など、月面着陸を裏付ける証拠は圧倒的です。

生成AIによるX(ツイッター)のロム分析で、そのアカウント主の性向などがどの程度わかるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:53 PM

Twitter アカウントを包括的にレビュー (または「ROM 化」) すると、アカウント所有者の傾向、興味、意見についての洞察が得られます。
このプロセスには通常、次のようなアカウントのさまざまな側面の分析が含まれます。

ツイートとリツイート:
ツイートとリツイートの内容から、その人の興味、政治的見解、趣味などについて多くのことが明らかになる可能性があります。
たとえば、特定のテーマに関する頻繁なツイートは、その分野に対する強い関心や専門知識を示している可能性があります。

「いいね!」:
アカウントが「いいね!」したツイートもそれを物語っている可能性があります。
個人的にも仕事上でも、人々は共感したツイートに「いいね」をすることがよくあります。

フォロワーとフォロー中:
個人がフォローしているアカウントは、その人の興味を反映している可能性があります。
同様に、フォロワーの人口統計や興味からも洞察が得られます。

ハッシュタグ:
特定のハッシュタグの使用は、特定のコミュニティ、トピック、またはイベントへの関与を示すことができます。

エンゲージメント パターン:
エンゲージメントの時間帯、頻度、タイプ (ツイート、リツイート、返信) は、ユーザーの習慣や好みに関する手がかりを提供する可能性があります。

マルチメディア コンテンツ:
アカウントによって共有される写真、ビデオ、リンクは、アカウント所有者の好みや傾向についての理解をさらに深めることができます。

プロフィール情報:
プロフィール、プロフィール写真、ヘッダー画像、固定ツイートは、個人が自分のアイデンティティを伝えたり、重要だと感じていることを強調したりするためによく使用されます。

直接的なやり取り:
返信とダイレクト メッセージ (アクセス可能な場合) は、アカウント所有者の視点や社会的サークルについてのより個人的な洞察を提供できます。

ただし、批判的な考え方を持ってこの分析に取り組むことが重要です。
人々はソーシャル メディア上で、実際の人格を完全に反映していない特定の方法で自分自身を表現したり、すぐには明らかではないさまざまな理由でコンテンツを共有したりすることがあります。
さらに、プライバシーを尊重し、オンラインでの行動の背景を理解するなど、倫理的な考慮事項を考慮する必要があります。

Twitter アカウントやその他のアカウントを分析したい場合は、このデータを集約して解釈し、さまざまな洞察を提供できるツールやサービスが存在します。
ただし、詳細な個人分析や機密性の高い分析の場合は、あらゆる調査が倫理的に、プラットフォーム ポリシーとプライバシー法の範囲内で行われることを確認することが不可欠です。

そこで、これらの分析を生成AIを用いて分析した場合、どの程度がわかるのでしょうか?
そして、その限外として何があるのでしょうか?

ChatGPT のような生成 AI を使用して Twitter アカウントを分析して所有者の傾向や特徴を導き出すには、ツイート、リツイート、返信、場合によってはフォローされているアカウントやフォロワーのリストなど、アカウントからのテキスト コンテンツの処理と解釈が含まれます。
生成 AI モデルは洞察を提供しますが、留意すべき重要な制限と倫理的考慮事項がいくつかあります。

データ制限:
ChatGPT および同様のモデルでは、正確な推論を行うために大量のテキストが必要です。
単一の Twitter アカウントでは、アクティビティ レベルによっては、詳細な分析に十分なデータが得られない場合があります。

文脈の理解:
AI モデルはテキストを解釈し、ツイート内のパターンや感情を識別できますが、文脈、特に微妙な意味や暗黙の意味、皮肉、ユーモアの理解には限界がある可能性があります。

時間的ダイナミクス:
人々の意見、興味、行動は時間の経過とともに変化する可能性があります。 AI モデルは、静的データセットからこれらのダイナミクスを正確にキャプチャしない可能性があります。

プライバシーと同意:
誰かのソーシャル メディア アカウントを分析すること、特に個人的な傾向や特徴を分析すると、プライバシーに関する重大な懸念が生じます。
このような分析を行う前に、アカウント所有者の同意が不可欠です。

精度と誤解:
ChatGPT を含む AI モデルは、データを間違えたり誤解したりする可能性があります。
彼らの分析は、決定的なものではなく、示唆的なものとして受け止められるべきです。

倫理的な使用:
AI を使用してソーシャル メディアからの個人データを分析する場合は、悪用や危害の可能性を考慮し、倫理的かつ責任を持って行う必要があります。

仮説分析の場合、AI はツイートから関心のあるトピック、感情傾向、エンゲージメント パターンを特定できる可能性があります。
また、共有される言語やコンテンツに基づいて、いくつかの性格特性を推測しようとすることもできます。
しかし、そのような分析は、深い文脈の理解や倫理的考慮がなければ、表面的で推測的なものになってしまいます。

これらの制限と倫理的懸念のため、明示的な同意と明確な倫理的枠組みがない限り、あなたの Twitter アカウントやその他のアカウントの分析を実行することはできません。

現代にも鬼や悪魔が必要とされる理論について

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:51 PM

神話、伝説、悪魔や異世界の存在などの超自然的な信念が社会の規制や結合に役割を果たしているという考えは、社会学、人類学、心理学の分野でよく議論されています。
これらの物語は、道徳教育、社会的適合、文化的規範の強制など、さまざまな社会的機能を果たすことができます。
そのような物語への信念の消失または衰退は、社会的行動、価値観、規範の変化につながる可能性があります。

この社会現象を説明する理論の 1 つが、社会学と人類学における機能主義理論です。
機能主義は、社会のあらゆる側面が目的を果たし、全体の安定性と機能性に貢献していると仮定します。
この観点から、悪魔や超自然的な存在についての神話や伝説は、社会制御のメカニズムとして見ることができます。
彼らは特定の道徳的および社会的規則に対する恐怖や敬意を植え付け、それによって逸脱した行動を抑制し、社会の調和を促進します。

もう 1 つの関連する概念は、社会的結合理論です。
これは、共有された信念と価値観が社会的絆と集団的アイデンティティを維持するために重要であることを示唆しています。
神話や超自然的な物語は、文化の中核となる価値観や恐怖を具体化することが多く、その文化のメンバー間の一体感や帰属意識を育みます。

さらに、社会学者マックス・ウェーバーが提唱した幻滅理論は、社会の近代化と合理化が宗教的および魔術的信念の衰退につながることを示唆しており、これを彼は「世界の幻滅」と呼んでいます。
このプロセスは、世界が精神的または神秘的な意味を持たず、純粋に合理的で経験的なレンズを通して見られるようになるため、疎外感や意味の喪失を引き起こす可能性があります。

心理学的には、臨床心理学者であり文化評論家でもあるジョーダン・ピーターソンが、神話の心理的重要性と、人間の本性、道徳、社会の構造に関する時代を超越した真実を伝える上での神話の役割について論じています。
ピーターソンによれば、神話と伝説は、個人が人生の複雑さを乗り切るのに役立つ物語の枠組みを提供し、行動や倫理的決定により深い意味を吹き込みます。

そのような信念や物語の衰退は、さまざまな社会的および個人的な結果につながる可能性があります。
道徳的行動の指針となる共有された物語の喪失、社会的結束の低下、相対主義とニヒリズムの増加が含まれます。
ここでは、明確な代替案が確立されないまま、伝統的な価値観や規範が疑問視されています。

全体として、これらの理論と視点は、神話、伝説、超自然的な信念が人間社会の形成に重要な役割を果たしており、これらの信念体系の変化が重大な社会的影響を及ぼし得ることを示唆しています。

2024年2月2日

大震災後の仮設住宅の先進例は?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:57 PM

大地震、洪水、ハリケーンなどの大規模災害の後、家を失った人々にとって応急仮設住宅は非常に重要になります。
これらの取り組みは、より恒久的な解決策が開発されるまでの間、影響を受けた個人や家族に即時の避難所を提供することを目的としています。 このような取り組みの先進的な例としては、次のようなものがあります。

プレハブモジュール式住宅(Prefabricated Modular Homes):
これらは迅速に展開可能で、数日で現場で組み立てることができます。 耐久性と持続可能性を考慮して設計されており、ある程度の自給自足を実現するためにソーラー パネルや雨水収集などの機能が組み込まれていることがよくあります。

輸送用コンテナ住宅(Shipping Container Housing):
再利用された輸送用コンテナは、一時的な住宅を提供する迅速かつ効率的な方法として世界中で使用されています。 オフサイトで変更してから被災地に輸送し、基本的な設備を備えた状態で設置できます。

インフレータブルおよびテントの構造(Inflatable and Tent Structures):
高度な繊維と材料により、過酷な条件に耐えることができるインフレータブル シェルターと高強度テントの開発が可能になりました。 これらは迅速に導入でき、その迅速な導入機能により災害直後によく使用されます。

3D プリント住宅(3D Printed Homes):
この革新的なアプローチでは、3D プリント技術を使用して住宅を迅速かつ効率的に建設します。 この技術により、特定のニーズに応じた住宅のカスタマイズが可能になり、地元の材料を活用することができます。

暫定避難所(Transitional Shelters):
一部の組織は、時間の経過とともに一時的な構造からより恒久的な構造に進化できる暫定避難所ソリューションを開発しています。
これらは将来を念頭に置いて設計されており、耐久性と快適性を向上させるために素材の追加や変更が可能です。

技術統合を備えたスマート シェルター(Smart Shelters with Tech Integration):
一部の一時避難所には、Wi-Fi、太陽光発電の照明、USB 充電ステーションなどの接続テクノロジーが装備されており、避難民が接続と情報を維持できるようになっています。

エコビレッジ(Eco-Villages):
持続可能性に重点を置いて、一時的なエコビレッジ全体が建設される場合もあります。 これらの村は、避難所だけでなく、共用エリア、食糧生産のための庭園、水の浄化と廃棄物管理のシステムも提供します。

トラベル トレーラー(travel trailers) と製造住宅ユニット (MHU)(Manufactured Housing Units )

FEMA は、災害生存者に直接の仮設住宅の選択肢を提供しています。
これには、トラベル トレーラーや製造住宅ユニット (MHU) などの移動可能な仮設住宅ユニットが含まれます。
これらは私有地や商業公園内に設置することができ、FEMA は地元当局と調整して複数のユニットのためのグループサイトを構築することもあります。 これらのオプションは、災害の結果、家が著しく損傷または破壊された住宅所有者または借家人に提供される支援の一部です。

Mobile Emergency Housing Corp は、2 ~ 4 ベッドルームのシングル幅のトレーラー ハウスや、住宅用電化製品やエアコンなどの高度な設備を備えたカスタム住宅用トレーラーなど、さまざまな移動式住宅ソリューションを提供しています。
災害発生時に安全で快適な仮設住宅を迅速に提供することを目的として、これらのサービスを全米で提供しています。 彼らのサービスには、現地の条例要件を満たすために必要なすべての許可の処理や、さまざまなニーズに対応する柔軟なレンタル期間の提供も含まれます。

以上、仮設住宅での取り組みは、多くの場合、政府機関、国際機関、非営利団体、そして場合によっては民間部門のパートナーシップの組み合わせによって支援されています。 これらの取り組みは、緊急の避難所を提供するだけでなく、その状況下での一時的な生活環境が安全で尊厳があり、可能な限り快適であることを確保することにも重点を置いています。

2024年2月1日

アメリカの国会議員の政治資金についての公開サイトにはどのようなものがあるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:02 PM

米国では、政治資金の透明性と説明責任を確保するために設計されたさまざまなメカニズムを通じて、政治家グループだけでなく個人の政治家の政治資金も一般に公開されています。
これらのメカニズムは、上院議員と下院議員の両方に適用されます。

個人の政治家
上院議員や下院議員などの個々の政治家については、受け取った寄付や支出を含む選挙資金が連邦選挙委員会(FEC)に提出された報告書を通じて開示されます。
FEC は、連邦選挙資金法の施行と管理を担当する独立規制機関です。
これらのレポートは定期的に提出する必要があり、次の詳細情報が含まれます。

個人、政治活動委員会 (PAC)、その他の情報源から受け取った寄付。
キャンペーンによる支出。
借金とローン。
キャンペーンに関連するその他の財務情報。

政治家のグループ
政党や PAC などの政治家グループも、FEC に財務活動を開示する必要があります。
これには:
寄付金と支出の定期的な報告。
寄付者の開示、特に一定の基準を超える寄付について。
キャンペーン活動、権利擁護、その他の政治的取り組みへの支出に関する詳細。

オンラインリソース
いくつかのオンライン プラットフォームや Web サイトでは、この情報を一般に公開し、選挙資金データを検索、分析、視覚化するためのツールを提供しています。

注目すべきサイトには次のようなものがあります。

連邦選挙委員会 (FEC) の Web サイト:
Home – FEC.gov
Find what you need to know about the federal campaign finance
www.fec.gov

FEC の公式 Web サイトでは、候補者、政党、PAC が提出した財務報告書に直接アクセスできます。
連邦選挙に関連する寄付金、支出、その他の財務データを調査するための検索ツールを提供します。

OpenSecrets.org:

https://www.opensecrets.org/

Center for Responsive Politics によって運営されている OpenSecrets.org は、連邦選挙への寄付、ロビー活動データ、分析のための包括的なリソースです。
候補者がどこで資金を調達し、どのように資金を使うかについての詳細な情報が提供されます。

FollowTheMoney.org:

https://www.followthemoney.org/
Home – FollowTheMoney.org
See comprehensive 50-state campaign contributions, independen
www.followthemoney.org

National Institute on Money in Politics によって管理されているこの Web サイトは、個々の政治家や団体への寄付を含む、連邦レベルと州レベルの両方での選挙資金に関する詳細なデータを提供します。

VoteSmart.org:

https://justfacts.votesmart.org/
Vote Smart | Facts For All
Vote Smart provides free, unbiased, in-depth information abou
justfacts.votesmart.org

このプラットフォームは、政治家の略歴、投票記録、争点の立場など、政治家に関するその他のデータとともに選挙資金に関する情報を提供します。

これらのリソースは、透明性を促進し、有権者が政治運動の資金調達方法や政治家が財政を管理する方法に基づいて情報に基づいた意思決定を行えるようにすることを目的としています。

清滝信宏プリンストン大教授は、日本の金融政策に対して、どのようなお考えをお持ちなのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 2:59 PM

清滝信宏プリンストン大教授の日本の金融政策に関する考え方を示した記事が、このところ話題を投げかけています。
究極、清滝教授は日本の金融政策について、どのようなお考えをお持ちなのか、以下にまとめてみました。
画像

清滝教授は、インフレ率が1〜2%程度に定着すれば、量的・質的緩和を解除することが望ましいと提言しています。

これは、日本銀行が宣言している物価の安定的な2%推移を目標とする超緩和政策とは異なる立場を示しています。

教授はまた、1%以下の金利でしか採算が取れないような投資は経済成長に寄与しないと主張しています。

このような発言は、経済学者が昔のように大胆な発言を避ける傾向がある中で、目立つものとなっています。

これらの点から、清滝教授は日本の金融政策に対して、より慎重なインフレ目標を支持し、低金利下でのリスクの取り方に懐疑的な姿勢を持っていることが伺えます。
彼の発言は、金融政策に対する新しい視点を提供し、政策立案者や経済学者の間で議論を促すものと考えられます。

2024年1月31日

小さなコモンズの創造にMixedUseの手法の取り入れは可能か?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:04 PM

昨年8月12日に、杉並区主催の「施設再編を考えるシンポジウム」というのがあり、参加してきた。
岸本区長も参加してのシンポで、、新区長の下での杉並区の新しい息吹みたいなものを感じることができた。
なかに、基調講演として、東京都立大学の讃岐亮先生の講演もあり、いろいろと、考えさせるヒントもあった。
画像
讃岐亮先生

特に、讃岐亮先生が例として出された南池袋公園の「地域への愛着を他者と共有できる居心地のいい第三の場所」の創成については、興味をそそられた。これは、岸本区長がよく口にされる「コモン」のうちの、ソフトの意味でなく、具体的なハードとしての「コモン」の形成とみられる。そこで、私の問題意識としては、「その「ハードとしてのコモンの形成」に、MixedUseの計画手法が取り入れられないのか?」というのが私の問題意識である。
画像

これまで、この「MixedUse」の計画手法は、異なる用途の空間をハイブリッド利用するための手法で、通常は、住居、オフィス、商業などの組み合わせをした開発が主だが、これに、第三の極として、「コモンズ空間の創出」を取り入れたら?という提案である。
具体的には、公有地や私有地の一部を、コミュニティのための共有空間として設定し、この空間へのアクセスを、住民に開放する、というコンセプトだ。
画像

資料を拝見したところ、南池袋公園の例は、大きな規模での空間の創出であるが、もっとミニのコモンズ空間の創出であれば、いろいろな実行可能なアイデア例が、住民から出てくることと思う。
ほんの建物の一角を利用しての「ミニ・コモンズ空間の創出」も可能であろうし、居住者不在家屋での実質所有者の許諾を得ての「ミニ・コモンズ空間の創出」も可能だろう。
そこに、「アドボケイトプラニング」(Advocate Planning)手法を適用して、より質の高いハードに仕上げることも可能だ。
もちろん、この新しい「ミニコモンズ空間」への法規制の位置づけや管理体制も課題となるだろう。
6月に中野ゼロホールでおこなわれたシンポジウム「政治は変わる! 地域主権とコモンを目指して」で、岸本区長は「公契約条例を活用したスキーム」を提唱されていた。
区長さんのお考えがどのようなものかはわからないが、この新しい空間上に「市民ビジネス」をのせるとか、インセンティブを与えることも可能なのかもしれない。

ハード&ソフトあいまった、新しいコモンズ空間の確立が、この杉並区で実現することを切に願うものだ。

2024年1月27日

地震の発生において、地上の震度計によらずに、被害の把握をしうる新技術には、どのようなものがあるのか?

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama 3:06 PM

衛星技術やその他のリモートセンシング手法は、宇宙からの地震の監視と分析において確かに大きな進歩を遂げました。
従来の震度計は地表に直接接触する機器を通じて地震動を測定しますが、衛星ベースの技術は異なるアプローチを提供し、特に地上のインフラが損傷した場合や遠隔地にある場合に役立ちます。

使用されている主なテクノロジーと手法の一部を以下に示します。

合成開口レーダー (SAR):
SAR は、地震による地盤の変位を検出できます。
衛星から地表にレーダー信号を送信し、反射して戻ってくる信号を受信することで機能します。
地震の前後に撮影されたレーダー画像を比較することで、科学者は地表の変形を測定し、地震の規模とその影響の分布についての洞察を得ることができます。

全地球測位システム (GPS) 衛星:
高精度 GPS は、地震による地盤の変位をリアルタイムで測定できます。
GPS ステーションのネットワークは地表の小さな動きも検出し、地震イベントの規模と特徴に関するデータを提供します。

重力マッピング:
重力回復と気候実験 (GRACE) ミッションで使用された衛星のような衛星は、地震中および地震後の質量移動の影響を受ける可能性がある、地球の重力場の小さな変化を測定できます。
このデータは、重大な地震イベント後の地球の質量の再分布を理解するのに役立ちます。

InSAR (干渉型合成開口レーダー):
2 つ以上の SAR 画像を使用して地表変形または数値標高のマップを作成し、地震中に地面がどのように動いたかの詳細な測定値を提供する技術。

光学衛星画像:
光学衛星からの高解像度画像を使用して、大地震による損傷の評価や地表の破壊の地図作成が可能です。

これらの衛星技術は、特に地上での監視がまばらであるか機能していない地域において、地震の影響についてより広範かつ包括的な全体像を提供することで、従来の地震監視を補完します。
これらは、迅速な対応、被害評価、地震の背後にある地球物理学的プロセスの理解にとって非常に重要であり、それによって地震リスクを管理し、地震災害に対応する総合的な能力を強化します。