笹山登生のウォッチ&アナライズ –


2023年11月6日

生成AIに聞いてみた、葬送にふさわしい音楽のリスト

Category: 未分類 – Tatsuo Sasayama – 9:34 PM
生成AIに「葬送にふさわしい音楽を」と頼んだら、下記のような曲目リストを30曲送ってきた。
「あまりポピュラーなものは除いて、残された者たちに、再生への力づけともなるものを」とも条件を追加をしておいた。
 
以下がそのリスト曲目
 
“3 Smiles for Tracey, Movement 2, Gently” – Adolphus Hailstork​​.
“Quartet for the End of Time” – Olivier Messiaen​​.
“Souvenir Lointain” – Francis Chagrin​​.
“Symphony No. 9” – Dmitri Shostakovich​​.
“A Time for Peace” – Peter Graham​​.
“Spiritual” from Trumpet Sonata – Jean Hubeau​4.
“Song for Japan” – Steven Verhelst​​.
“Linear Lines” – Liz Lane​4.
“Sea Eagle” – Peter Maxwell Davies​​.
“Au Matin” – Marcel Tournier​​.
“Prelude from Cello Suite No.2” – J.S. Bach​.
“Amazing Grace” – spiritual (not a classical composition but has a classical arrangement)​​.
“Bella Ciao” – Traditional​​.
“‘Nigun’ from the Baal Shem Suite” – Ernest Bloch​1.
“Hope for Marimba” – Adam Tan​​.
“Symphony No.3 ‘Eroica’” – Beethoven​​.
“Malinconia from Sonata No.2 in A minor” – Ysaÿe​​.
“White Cliffs of Dover” – Walter Kent​3.
“Soulforce” – Jessie Montgomery​​.
“‘Coming Home’ melody from ‘New World’ Symphony” – Dvořák​​.
“Hades” – Mason Bynes​​.
“Michi” – Keiko Abe​​.
“Bergère Captive” – Pierre-Octave Ferroud​​.
“Morning Mood” – Grieg​​.
“‘Pan’ from Six Metamorphoses after Ovid” – Britten​1.
“Gabriel’s Oboe (from The Mission)” – Ennio Morricone​
​.”La Vie En Rose” (Louis Armstrong’s performance) – Edith Piaf​​.
“Look for the Silver Lining” – Jerome Kern​​.
 
追加で、今度は、葬送でなく葬儀のバッググラウンドミュージックとして適切な音楽をリストアップしてもらうと下記のリストになった。
 

葬儀のバックグラウンドミュージックとして適切なクラシック音楽を30曲選ぶとすれば、以下のようなリストになります。これらの曲は、哀しみや慰めだけでなく、再起と勇気を与える力を持っていると考えられます:

  1. ヨハン・ゼバスティアン・バッハ – アリオーソ (BWV 156)
  2. エドワード・エルガー – 哀愁 (Op. 70)
  3. ガブリエル・フォーレ – レクイエム (Op. 48) の「Pie Jesu」
  4. フレデリック・ショパン – 葬送行進曲 (Op. 35)
  5. グスターヴ・マーラー – 交響曲第5番より「アダージェット」
  6. ヨハネス・ブラームス – 交響曲第3番 F 大調 (Op. 90) の第3楽章
  7. セルゲイ・ラフマニノフ – ヴォカリーズ (Op. 34, No. 14)
  8. サミュエル・バーバー – 弦楽のためのアダージョ
  9. ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン – 月光ソナタ (Op. 27, No. 2)
  10. クロード・ドビュッシー – 月の光 (ベルガマスク組曲より)
  11. ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト – レクイエム ニ短調 K. 626 の「Lacrimosa」
  12. フランツ・シューベルト – アヴェ・マリア (D. 839)
  13. アントニン・ドヴォルザーク – 新世界より (Op. 95) の第2楽章「ロンド」
  14. ヘンリー・パーセル – ディドのラメント (Dido and Aeneasより)
  15. ジュゼッペ・ヴェルディ – レクイエムより「Libera me」
  16. エンリコ・ボッシ – 永遠の光 (Requiem Eterna)
  17. レオナルド・バーンスタイン – シンフォニーNo. 3「カディッシュ」より
  18. ジャン・シベリウス – ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 (Op. 47) の第2楽章
  19. フランツ・リスト – 夢の愛 (Liebesträume No. 3)
  20. ヨハン・パッヘルベル – カノン ニ長調
  21. ジョルジュ・ビゼー – アルルの女 第2組曲より「メヌエット」
  22. トマソ・アルビノーニ – アダージョ イ短調
  23. ピョートル・チャイコフスキー – 弦楽セレナーデ C長調 (Op. 48) の「エレジー」
  24. ジョン・ルーター – レクイエムより「The Lord is my shepherd」
  25. フェリックス・メンデルスゾーン – 無言歌集より「秋の歌」
  26. アレクサンドル・スクリャービン – エチュード Op. 2, No. 1
  27. ジャン・バルティ – トッカータ
  28. アルフレッド・シュニトケ – コンチェルト・グロッソ No. 1
  29. アルヴォ・ペルト – スペーゲル・イム・シュペーゲル
  30. エリック・サティ – ジムノペディ No.1

これらの曲は、葬儀の静かで尊厳ある雰囲気に合わせて慎重に選ばれています。また、遺族に対する思いやりと希望のメッセージも込められています。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.